ファーウェイ

サイバー攻撃

今週の「TOKYOエアポート・・・」は
GPS が ハッキング されると言う シナリオ でした。
しかしこれは単に ドラマ の世界だけではなく
実際に危惧されている事でもあります。

現に米国では中国製の通信機器の排除を強化し始めています。
対象は Huawei と ZTE で
Huawei の CEO は元人民解放軍の軍人であり
また両社とも中国共産党の言いなりだとも言われています。

要は何が問題かと言うと
製品の プログラム に悪意のある コード を仕掛けておき
一定の所まで行き渡ると
その コード を実行して機能を マヒ させる・・・
なんて サイバー 攻撃が可能であると言うことです。
しかもその サイバー 攻撃は既に始まっており
同社の製品が真夜中に勝手に作動し
中国へ大量の データ を送信している・・・
と言うフシの報告が上がっています。

data

EMOBILE GS02

遂に スマホデビュー しました。
今回購入したのは EMOBILE GS02 の 白ロム で
Huawei Japan の製品です。

なぜ 白ロム なのか?
Pocket WiFi で契約した データ 通信用の 赤シム を
使用したいからで
アマゾン で購入しました。

赤シム は公式には PocketWiFi などでしか使用出来ないのですが
GS02 へ挿して設定をいじれば
回線への接続が可能となります。
また設定と言っても
裏ツール を インストール するのではなく
「設定」 から 2〜3 ケ所いじるだけなので
ある意味公式だと思います。(詳しい設定はYouTubeの方へ記述しました)

ただ
あくまでも データ 通信専用なので
GS02 へ挿しても通話する事は出来ません。
しかし ウェブブラウジング + テザリング が目的なので
特にそれで不便を感じる事はありません。


パソリンク ( PASOLINK )

携帯電話の基地局は
建設しただけでは機能せず
それらの基地局同士を結んで始めて
機能します。

しかし基地局同士を結ぶ為のインフラ整備に
多額の費用が掛かることから
途上国では無線方式が広く採用されています。

主な無線方式の機器に「パソリンク」があります。
「パソリンク」は
・アンテナ
・送受信装置
・変復調装置
から構成され
見通距離でおよそ50Km先まで
通信することが可能です。

現在131カ国へ輸出され
世界市場でトップシェアを誇っていますが
他メーカーの追い上げも激しく
取り分け中国ファーウェイ社の
高品質 低価格 の機器は侮れない存在となっています。
それはイー・モバイルの採用実績からも明らかです。

040826_3_1

Huawei Technologies

ファーウェイ・テクノロジーズ
耳慣れない名前ですが
中国の通信機器メーカーで
同社が開発した小型基地局や携帯端末、WiFiルーター(PoketWiFi)を
イー・モバイルが採用しています。
ソフトバンクでは
「写メが、届くぞ」でおなじみのPhotoVidionが
同社の製品です。
またPoketWiFiも密かに採用されているみたいです。

この様に
知らない間に随分浸透していたんですが
PoketWiFiを
PSPやDSなど
あれだけ普及しているにも関わらず
日本のメーカーが製品化出来なかったのは
iPodでの失敗が全然生かされていないからなんでしょうか・・・?

今になって
一部の携帯電話に搭載され始めましたが
出遅れ感は僻めません。
しかもホットスポットに至っては
都心から少し離れると
未だに全く無い地域の方が多いです。

※ロゴくらいはどこかで目にし事があるかと思います。

huawei-logopreview
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ