フィット

ソリオハイブリッド

スズキ から
ソリオハイブリッド が発表されました。
ハイブリッド にも数種類あり
ソリオ に搭載されるのは
既に軽自動車に搭載されている
Sエネチャージ を ベース にした
マイルドハイブリッド です。

基本的には Sエネチャージ と同じ システム で
モーター や バッテリー は
加速時の アシスト や
アイドリングストップ 時に
電装への電力供給に使用されます。

同じ システム なのになぜ名称を変えたのか?
コンパクトカー では既に
アクア や フィット の ハイブリッド や
デミオ の ディーゼル など
個性派揃いの中において "ハイブリッド" を付ける事で
埋没しない事を狙ったのでしょう。

001_o022_o


フィットセダン

インサイト と バトンタッチ するはずだった グレイス が
ようやく発売されました。

ハイブリッドシステム など
主要な部分が フィット と共通化されており
ハイブリッド 専用とは言いつつ
フィットセダン と言う位置付けが正しいと思います。

以前にも タイ で生産した フィットセダン(アリア) を
逆輸入していた時代がありました。
しかし ハッチバック に トランク を付けただけの
無理矢理な デザイン とあって販売が伸びず
フィット の フルモデルチェンジ を機に消滅しました。

流石に今回は
基本 コンポーネント は共通とは言え
ボディー は専用設計なので アリア のような ダサ さは無く
カローラハイブリッド より スポーティー な デザイン なので
200 万円前後の ハイブリッドセダン としては
需要が見込めるのでは無いでしょうか?

まあ アクセラハイブリッド と比べれば
どちらも オッサン 臭いのですが・・・。
しかし セダン が オッサン 臭いのではなく
オッサン 臭い セダン しか作らないのが
悪循環の原因だと思います。

グレイス


セレナ S-HYBRID

トヨタ や ホンダ の ハイブリッドカー に対抗する勢力として
高効率 エンジン で
ハイブリッドカー 並みの低燃費を実現した スカイアクティブ や
小排気量 エンジン を加給する事で効率を高めた TSI
それに ディーゼルエンジン などがあります。

そこへ新たに
日産が開発した S-HYBRID が加わりました。
これは従来からある
モーター式アイドリングストップシステム を
モーター と サブバッテリー の容量を拡大した物で
エンジンルーム 内で システム が完結する コンパクト 設計となっています。

容量を拡大した バッテリー は
アイドリングストップ の頻度を高め
時間を長くする事で燃費向上に貢献します。
また同時に容量が拡大した モーター は
回生効率が高められ電力に余裕があれば
発進加速時の アシスト や エアコン などの電装品の駆動に用いられます。

ちなみに サブバッテリー には鉛電池を採用され
減税分考慮すると
システム の追加負担は 2 万円弱という低価格を実現しています。

セレナS-HYBRID

オーリス

とうとう納車されました。
実際には18日に納車訳なんですが・・・

フィットRSやポロコンフォートラインなど
いろいろ候補に挙げたものの
「AURIS」という結論になりました。

スポーツモデルは飽きる可能性が気になり
ハイオク仕様は
現在の価格からすると私の懐具合が・・・

グレード: 150X "M プラチナセレクション"
タ イ ヤ : Firestone 215/45R17
ナ  ビ :楽ナビライト AVIC-MRZ05
その他 :輸出用フロントエンブレム/ローダウンスプリング(-20mm)


エコカー補助金

エコカー補助金の復活と減税の期間延長で
4月頃に乗替えを考えているだけに
良い風が吹いてきました。

そこで早速ディーラーで詳しく聞くことにしました。
候補の1つに考えているのが ポロ コンフォートライン で
補助金:10万円
減税額: 約12万円
ということでした。
これに 10〜15万円 の値引きが加わるので
30万円 以上購入費用が抑えられます。

一時期は フィットRS に心が動いていましたが
ポロ に引戻されつつあります。
まあまだ少し時間があるので
ポロ がハイオク仕様 である点をどうクリアするか考えます。

VW

フィットRS

フィットRSの見積りを取りました。
フィットRSは
6速MTや16インチホイールなどを装備する
スポーツ仕様です。

その他にもHIDやエアロバンパーなども標準装備で
通常の1.5リッターモデル(15X)が167万円なのに対し
RSは169万円と
お買い得なグレードです。

スポーツマインド溢れるホンダも
シビックのハッチバックは日本のラインナップから姿を消し
タイプRは逆輸入で限定車となっている現状では
CR−Zを除いて
スポーツマインドを味わえる
唯一の存在ではないでしょうか?

ちなみにフィットRSは50%減税対象車で
見積りの赤線の部分が半額となっています。

IMG365

車名別新車販売ランキング

1月の車名別新車販売ランキングで
1年8ヶ月首位だったプリウスが
3位に後退しました。
1位はフィットハイで
2位がムーヴとなりました。

今回のニュースで
2002年に33年間新車販売台数でトップだったカローラが
フィットに抜かれるという事件を
つい思い出してしまいました。

所でプリウスといえば
3代目プリウスが思い浮かびますが
2代目プリウスも
プリウスEXという名前で併売されています。
主に法人向けで
ナビなどをオプションにすることで
値段を抑えた仕様(189万円〜)になっています。

EX




フィットハイブリッド

小型車をハイブリッドカーにする効果は
あまり無いと言われています。
それはバッテリーやモーターなどの重量がかさむからであり
先日発売されたフィットハイブリッドも
ベースモデルと比べて100kg程重くなっています。

ホンダのハイブリッドはIMAシステムと呼ばれ
30〜40kmの低速域でモーターでの走行も可能ですが
基本はエンジンで走り
発進時や加速時のトルク不足をモーターでアシストします。
プリウスと比べてシステムが簡素化出来
軽量化にも繋がってっています。

今回発売されたフィットハイブリッドも
このIMAシステムを搭載し
バッテリーユニットやモーターはインサイトと共通となっています。
しかしインサイトと比べ
より市街地向けに設定され
ガソリン車がベースでありながら
インサイトと同じリッター30kmを実現しています。

しかし
どうしてランプユニットをクリアーにするんでしょうね?
未来的なイメージなのかも知れませんが
そろそろ「ハイブリッド=未来的」という考え方は過去の物となりつつあります。

1

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ