フェリー

師崎港

羽豆岬にある師崎港は
知多半島の先端にある南知多町に位置しています。

かつては伊良湖行の フェリー も発着していましたが
現在は篠島行と日間賀島行の
高速船/カーフェリー のみとなっています。

比較的 アクセス が良く
奈良や大阪からは日帰り ツーリング で行くには
丁度良い距離だと思います。

師崎港


羽豆岬

知多半島の最南端にある羽豆岬は
1600 万年前に砂岩と頁岩が交互に積層して出来たと言われています。

また三河湾国定公園に指定されており
羽豆神社もそれに含まれています。

去年は対岸の伊良湖まで出掛けたので
これで愛知の半島は制覇出来ました。
ただ住んでた時に行かなかった事が悔やまれます。

羽豆岬

日生駅

日生と書いて "ひなせ" とは
なかなか読めないですね〜。

この日生駅は
赤穂線の終着駅として 1955 年に開業し
その後更に伊部駅まで赤穂線が延伸した為
途中駅となりました。

実は海だった場所を埋め立てて駅舎が建てられており
赤穂線で最も瀬戸内海に近い駅となっています。
駅前には フェリーターミナル があり
小豆島行の フェリー や
日生諸島行の旅客船が発着しています。

DSC_3216

日生駅日生駅日生駅


伊良湖フェリーターミナル

伊勢湾 フェリー の
伊良湖側の発着場所である
伊良湖 フェリーターミナル は
道の駅 クリスタルポルト と併設しています。

館内は チケット や土産物
フードコート などが入っていて
近くにあまり店が無いので フェリー の時間を待つには
ここが ベスト です。

伊良湖フェリーターミナル伊良湖フェリーターミナル

伊勢湾海上交通センター

海上交通センター とは
海上航行の航行管制や航行情報を提供する
海上保安庁機関です。

東京湾海上交通センター が
1977 年に開設されたのが始まりで
現在 7 箇所が稼働しています。

今回訪れたのは渥美半島にある
伊勢湾海上交通センター で
伊勢湾及び伊良湖水道付近の航行管制や
航行情報を提供しています。

ここは屋上が解放されており
訪れた時は視界が良く水平線の彼方にある
伊勢方面や知多方面まで見ることができました。

海上交通センター

海上交通センター海上交通センター海上交通センター


伊勢湾フェリー

奈良から渥美半島の良湖まで行くのに
高速を使うのが普通ですが
あえて旅気分を出す為に
伊勢湾 フェリー を利用してみました。

この フェリー は
伊勢側は鳥羽水族館の裏が船着き場になっていて
鳥羽から伊良湖まで 55 分で結んでいます。

私の場合
鳥羽まで 2 時間もあれば着くのですが
他に乗っていた ドゥカティ の 4〜5 台のグループは
ナンバー を見ると所沢など本気の ツーリング だったので
増々旅気分が上がりました。

伊勢湾フェリー

伊勢湾フェリー伊勢湾フェリー伊勢湾フェリー


さんふらわあ

南港へ行くたびに
見送っていた さんふらわあ に乗船する事が出来ました。
今回乗船したのは 南港→別府 間で
約 12 時間の船旅です。

今時船旅・・・ですが
宿泊料+交通費 と考えれば割安です。
利用した部屋は デラックスシングル で
海上 ホテル と呼ばれているだけあって
シャワー や トイレ まで装備されており
一般的な ビジネスホテル と考えて良いと思います。

最近は往復乗船する
"弾丸フェリー" などと宣伝されていますが
流石に復路は時間の都合で
新幹線を選択しました。

P1000492

DSC01381DSC01376P1000503P1000505image (1)image (3)


沱江

台湾海軍が自主開発したとされる
沱江(だこう)級 コルベット 艦が浸水しました。

独特の船体は
"双胴船" と呼ばれる方式で
以前から高速航行が求められる観光船や フェリー などの
旅客船採用されていました。
この "沱江" も
最高速力 70キロ で航行が可能で
中国海軍の空母を念頭に建造されています。

また台湾海軍の発表によると
沱江 は ステルス 性能を有しており
8〜12 隻の配備計画が完了すれば
アジア 最強の火力になるそうです。

7ac41d9040407966

さんふらわあ

商船三井とフェリーさんふらわあが運用している「さんふらわあ」は
日本を代表するフェリーとなっていますが
1972年の就航当時は
豪華な内装やレストランを持つクルーズ船だったそうです。

現在日本各地の港から就航していますが
南港から就航しているのは
以下の通りとなっています。

・こばると
・あいぼり
・さつま
・きりしま
こばると/あいぼりは大阪⇔別府航路で
きりしま/さつまは大阪⇔鹿児島航路で使用されています。

ちなみに大阪⇔鹿児島航路の片道運賃で
もっとも豪華なデラックスでも31800円となっています。
「さんふらわあカード」の会員になると
30%OFFの特典割引が受けられましたが
残念ながら2011年末で入会手続きは終了したそうです・・・。

DSC_0166DSC_0172DSC_0157
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ