マーチ

ベリータ

マーチ の ボレロ だと思ってら
フロントマスク や リア 周りの形状が
若干違うような気がしたので調べてみました。

そうすると
やはり ベース は K11マーチ で
なんでも台湾日産(裕隆日産汽車)が
2007 年まで生産していた ベリータ だそうです。
日本では現行型の K13 にも ボレロ がありましたが
ベリータ は K11 だけだったみたいです。

また ベリータ の他にも台湾日産が独自に開発した
マーチセダン もあったそうなので
次回出掛けた際には是非お目に掛かりたいと思います。

ベリータ

ラティオ

消費税/重量税/自動車取得税 と
自動車には二重三重の税金が掛けられ
購入後も ガソリン には
揮発油税/石油石炭税/消費税 などが掛けられ
がんじがらめの状態となっています。
この事態を打開すべく
自動車工業会は自動車 2 税の撤廃を求め
政府に廃止要望を行いましたが
何も変わらないのは確実だと思います・・・。

ところで日産から
新型 ラティオ が発表されました。
先代 モデル はティーダ の派生車として登場し
今回の新型は マーチ 系の プラットフォーム を使用する
全く別の車種となりました。

世界 150 ヶ国で販売される グローバル 戦略車で
メキシコ/中国/インド/タイ の 4 ヶ国で生産され
日本へは タイ で生産された モデル が輸入されます。

しかし海外で生産される世界戦略車ということで
万国で受け入れられる デザイン になっていると思うのですが
個人的には サイド から リア に掛けての モッサリ とした感じは
あまり日本人好みでは無いと思います。
まあ "道具として動けば良い" という人には
気にならないでしょうけど・・・。

009_o


インパル マーチ

「東京オートサロン2011」にも出展されていた
マーチ(K13)のインパル仕様が
正式にリリースされました。

K12時代にも同仕様があり
ファニーな顔に
大型スポイラーやフロントバンパーなどで武装した様は
ヤンチャという言葉がピタリと当てはまります。

それは見た目だけでなく
中身も
専用ECUやスロットル
ブレーキシステムからサスに至るまで
「走り」を意識した本格派です。
またパーツ単体でも販売されているので
見た目だけでも気分を味わいたいなら
エアロパーツだけを装着する事も可能です。

P1

新型マーチ

既に町で新型マーチを数回見掛けました。
今回の新型はタイ・中国・インド・メキシコで生産され
160カ国以上で販売されるグローバルカーです。
ボディーパネルのチリや内装材など
品質が微妙な所もあるそうですが
新開発された3気筒1.2ℓやアイドリングストップ機能など
最新のエコ技術が搭載されています。

また今回新開発された
3気筒1.2ℓエンジンは
今後スーパーチャージャーと組み合され
1.5ℓエンジン並みの出力を持つエンジンへと発展する予定です。

世界的に見て
小排気量エンジンにスーパーチャージャーで加給し
出力を稼ぐのが主流となりつつあり
その代表がフォルクスワーゲンのTSIシリーズです。

16nissanmicragenevalive

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ