ミラ

ダイハツ トコット

軽の乗用車で
初代から販売が継続されているのは
ミラ と アルト くらいではないでしょうか?
それぞれに派生車も登場し
アルト/ミラシリーズ と呼ばれています。

先日も ミラ の派生車として トコット が デビュー しました。

最近の軽自動車では珍しく
直線を多用した スクエア な デザイン は
レトロ な印象すら受けます。

しかし残念なことに
こう言う デザイン を国産車で出すと
"安っぽい"などと批判する反面
欧州車では真逆の反応になるので
そこから意識を変えないと
日本の自動車産業の更なる発展は難しいでしょうね・・・。

DSC04115

日本カー・オブ・ザ・イヤー

2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー の選考会が行われ
全55台のノミネートの中から以下の10台が選出されました。

・プリウスα
・リーフ
・フィットシャトル
・デミオスカイアクティブ
・ミラ イース
・パサート
・Cクラス
・1シリーズ(BMW)
・508(プジョー)
・S60/V60(ボルボ)

この10台の中から
選考委員による投票でイヤーカーが決定し
東京モーターショーで発表されます。
予想としては
・パサート
・デミオスカイアクティブ
・ミラ イース
辺りが選ばれそうな気がします。

ハイブリッドシステムを搭載せず
エンジンの高効率化や小排気量エンジンを加給することで軽量化と低燃費を実現し
ハイブリッドカーと並ぶエコカーとして
選択肢を広げた功績は大きいと思います。
プリウスα?フィットシャトル?
あれは単なるグレードに過ぎないでしょ。


ダイハツ イース

20日から発売したダイハツ ミライースは
モーターショーでは2年程前から参考出品され
完成度が高かったので
そのまま発売されると思っていました。

しかし発売されたのは
ミライースというだけあって
ミラをシャープにしたデザインで
4ドア化されて燃費性能だけでなく
実用面も考慮されていると思います。

デミオのスカイアクティブもそうですが
「高効率エンジン=高価」
というのは昔の話で
ハイブリッドカーのような高価なパーツを必要としない為
車両価格を抑えることが可能となっています。
現にミライースは
79万5000円からという価格設定になっています。

365942P1020236
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ