メンテナンス

UMPC

ウルトラモバイルPC(UMPC) の歴史は古く
1996 年には Win95 を搭載した リブレット が
販売されていました。

しかし タブレット や スマートフォン の台頭で
今ではすっかり市場から姿を消してしまいましたが
先日 GPD から Win10 を搭載した
UMPC が発売されました。

UMPC である メリット とは
オフィス の簡単な修正や プロジェクター への出力は
既に タブレット でも可能な訳で・・・
私としては メンテナンス 分野では
この サイズ で Win が動く メリット は大きいと思います。

画像の モデル は 5〜6 万なので
ウルトラブック の半額程度の価格で半分程度の大きさなら
現場の狭い場所でも活躍してくれそうです。
 
img012

ヤナセ

ヤナセ は キャッチコピー として
"車は作らない・・・" を使用ていますが
1915 年の創業当初は トラック や バス を製造していました。

自動車の輸入事業を始めたのは 1919 年からで
胡蝶蘭の生産など多角化した時期もありましたが
現在は全て撤退し メイン の自動車の輸入車事業も
フォルクスワーゲン や アウディ などの輸入権を手放し
間近の販売台数に占める中古車の割合が 45% にも達しています。

先日の報道で伊藤忠の子会社になる事が発表されましたが
しかし 2003 年から伊藤忠の傘下で経営再建を行っていました。


フォード

先日 フォードジャパン が
日本から撤退することを発表しました。
現在 フォード は 6 車種展開しており
昨年 12 月度の販売実績は
404 台にまで落ち込んでいました。

しかし中国市場では昨年 100 万台を販売しており
日本市場は閉鎖市場だと訴えていますが
メルセデス は月間で 6000 台も販売しており
むしろ開かれた市場だと言えます。

そもそも メルセデス に限らず欧州 メーカー は
Aセグメント から Eセグメント までの展開しており
開発力が無く ラインナップ が展開出来ないことを棚に上げて
"閉鎖市場だ!" と訴えるのは少し違うように感じます。

フォード

クラシックカー

クラシックカー の レストア には
オリジナル を忠実に再現する方法と
オリジナル を活かしつつ
中身は現在の パーツ で構成する方法の
二種類があります。

前者から言わせれば後者は邪道だそうですが
メンテナンス が楽で手軽に クラシックカー の雰囲気が楽しめる点で
個人的には後者を選びたくなります。

しかし トヨタ の 2000GT を例に出すと
生産台数が少なく
ボロボロ の車両でも高額で取引されている現状では
欲しくても手が出せない代物となっています。

そこで第三の方法として登場したのが キットカー です。
ベース となる車両は様々で
ロードスター を ベース に制作された車両は
2 台しか制作されなかった オープン 仕様を
見事に再現しています。




訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ