ラリー

曽爾クラシック

今年で 2 回目となる曽爾 クラシック
いわゆる クラシックカー や ヒストリックカー の
ラリーイベント で道の駅を中心に開催されました。

まあ ラリー に参加する訳では無いので
現地へ行って当日券が必要なら買えば良いと思っていたら
なんと会場の道の駅へは交通規制で行く事が出来ませんでした・・・。

仕方無いので周辺の広場で パレード を観戦した訳ですが
道の駅での動画も数本上がっているのを観たので
どうやって行ったんでしょうね・・・。
バス は出て様ですけど来年も開催されるなら
その辺も調べて リベンジ したいと思います。

曽爾クラシック


GAZOO Racing

カテゴリー が違うとは言え
こうやって新旧の ラリーカー を並べると
その違いが良く解ります。

しかし現行型の ヴィッツ の ラリー 仕様は凄いですね〜。
大型の リアウイング に オーバーフェンダー など
セリカ が ラリー に出ていた当時の GTカー より
空力抵抗が優れていると思います。

あとトヨタ が優勝していないのは
あの ル・マン くらいなので
今年こそは優勝して欲しいですね〜。
まあ優勝した所で日本車では 2 勝目なんですけどね(笑)

DSC_2667

DSC_2664DSC_2662DSC_2715


ニュル24時間

24時間レース と言えば
ル・マン の イメージ が強いのですが
ル・マン 以外にも 24時間レース は開催されており
その 1 つが ニュル24時間 です。

日本では地上波では全く取り上げられないので
知名度は無いのですが
ここに スバル が WRX STI で参戦しています。

昨年は クラス 優勝を果たすなどの好成績を残し
今年も参戦予定と言う事で
2016 年仕様の マシーン が展示されていました。
スバル=WRC の イメージ なので ラリーカー にも見えますが
リアウイング の形状や オーバーフェンダー などを見ると
オンロード 仕様である事がわかります。

DSC02359


ミライ

国沢氏が個人所有する ミライ の ラリーカー は
ブレーキ の強化や ロールケージ を除けば
ほぼ市販仕様のままだそうです。

この ラリーカー は オフィシャルカー ではなく
プライベートチーム として特別枠ながら
ラリードイツ の開幕戦で
実際の コース を走行し ラップ を刻みました。

市販のままでも ボディー 下部は
樹脂 カバー で ガード されており
また水素自体も空気より軽く
万が一漏れても一瞬で拡散する事から
爆発の心配は無いそうです。

レース の目的の 1 つに
最新技術の実証実験があり
こう言う新しい クルマ で挑戦する事の意味は
大きいと思います。


DSC02352DSC02354DSC02355

マツダ LM55

コンパクト な ロータリーエンジン なら
実走する LM55 も夢では無いと思うのですが
残念ながら ル・マン の レギュレーション では
ロータリー が禁止されているので
出るとするなら・・・スーパーGT ですかね?

しかし マツダ は
暗黒の フォード 提携時代から
よく立ち直った物ですね〜
まあ提携が無ければ倒産していた可能性もあるので
一概に暗黒時代とは言えないのですが・・・。

その フォード 時代の名残なのか
或は アップル と同じで
世界共通 CM となっているからなのか
CM に日本人が出てこないのは
どうしてなんでしょう?
ブランドイメージ と言う点で
敢えてそうしているのは見えますけど・・・。

DSC02336

DSC02331DSC02338DSC02340


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ