リチウム

バッテリー

最近の一部の リチウム 電池は
単三や単四ではなく
16340 や 18650 なる規格があるそうです。
16340 は CR123A 同じ大きさで
18650 は単三より二回り大きい感じです。

この規格の表記は
前 2 桁が直径で後ろ 3 桁が全長を表しており
16340 だと直径 16mm 全長 34.0mm と言う事になります。

主に海外製の LEDライト に使用されており
今後いわゆる デジタルガジェット に使用が拡大するかも知れないですね〜。

img_0

マグネシウム電池

現在主流の
ニッケル 水素電池や リチウムイオン 電池は
製造過程の不具合や過電流により発熱や発火する危険性が高く
携帯電話の異常な発熱や
787 の発火など度々問題が指摘されています。

しかし不具合による異常な発熱や発火が起き難く
小型軽量で低価格かつ大容量という夢のような電池が
実用化されつつあります。

それは マグネシウム 電池で
薄い銅箔 に マグネシウム や セパレーター を接着し
シート 状に加工した物を
ビデオテープ のように巻いて使用します。
個人的には マイラコンデンサー のような イメージ を持っているのですが
この マグネシウム 電池が実用化されると
例えば現在の スマートフォンに搭載すれば
1 回の充電で 1 ヶ月は充電無しで使用出来ると言われています。

また安全面では
薄い シート を巻いただけなので
発火したとしてもすぐに切れてしまい
燃え続けることは無いそうです。

キャプ

予備バッテリー

これまで普段社外品の
1400mAh を使っていたんですが
残量表示が未対応で
専用充電器でしか充電出来ないなど
何かと不便だったので

新たに
2640mAh の大容量かつ
残量表示対応で純正充電器にも対応した物を購入しました。
最初から付いて来た純正バッテリーが
725mAh なので
軽く3倍強の容量です。

ただ容量に比例して体積も大きくなるので
液晶が折り畳めなくなりました・・・。
ちなみにアマゾン価格で ¥1520 でした。
純正品だと
この価格の5倍はすると思います。

P1020987P1020988P1020989
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ