三岐鉄道

阿下喜駅

特殊軌道と呼ばれる軌間 762mm の ナローゲージ は
軽便鉄道として日本各地で運行されていましたが
しかし現在は三岐鉄道や四日市さすなろう鉄道など
片手で数えるほどになってしまいました。

この阿下喜駅は三重県にある三岐鉄道北勢線の終着駅で
1931 年に北勢鉄道駅として開業しました。
そのご三重交通や近鉄を経て
2003 年に三岐鉄道の駅となりました。

北勢線は西桑名駅が起点で
阿下喜駅までの 20.4Km で営業運転を行っています。

阿下喜駅

阿下喜駅阿下喜駅阿下喜駅


富田駅

三重県の富田駅は
JR と近鉄の 2 駅あり
かつては両方に三岐鉄道が乗り入れていました。
しかし
JR 側は乗り継ぎの悪さから客足が遠のき
1985 年に近鉄側へ統合されました。

三岐鉄道は
三岐線と北勢線の 2 路線の他に
路線・貸切 バス 事業などを行っています。

画像にもありますが
近鉄富田駅へ乗り入れているのが三岐線で
西桑名駅へ乗り入れているのが北勢線です。
ちなみに北勢線は
軌間 762mm の ナローゲージ となっています。

P1050818P1050809P1050812
P1050823P1050822





訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ