三重

平田町駅

1963 年に鈴鹿市駅から延伸して開業しました。

鈴鹿 サーキット へは
白子駅から向かうより近い反面
バス 白子駅を経由する物しか無く
直接向かう場合は徒歩や タクシー となります。

しかし駅員を配置して
有人で維持しているのは凄いですね。

DSC_4101


鈴鹿市駅

三重県内に "鈴鹿" が付く駅は
・鈴鹿サーキット稲生
・鈴鹿
・鈴鹿市
以上の 3 つあります。
そして今回は鈴鹿市駅を見て来ました。

鈴鹿市駅は 1925 年に
伊勢鉄道神戸支線の伊勢神戸駅として開業し
1963 年の平田町駅延伸と同時に
鈴鹿市駅へ改称されました。

鈴鹿線が平田町駅まで延伸する前は
鈴鹿市駅が終点で
現在 ロータリー となっている場所に
旧駅舎があったそうです。

DSC_4125DSC_4115


日永駅

四日市が起点の四日市あすなろう鉄道は
日永駅で内部線と八王子線に分岐しています。

日永駅は途中駅のように見えますが
実は八王子線の起点が日永駅となっているので
内部線に八王子線が接続していると表現した方が
正しいのかも知れません。

開設は 1912 年で
1922 年に日永 - 小古曽間の開通に伴い
分岐駅となりました。

日永駅


内部駅

四日市あすなろう鉄道の内部線は
起点の四日市駅から
終点の内部駅までの 5.7Km (8駅) の区間を結んでいます。

開業は 1922 年の三重鉄道時代まで遡る事ができ
その後 1965 年に近鉄と合併を経て
2015 年に現在の四日市あすなろう鉄道となりました。

現在は内部駅が終点となっていますが
開業当初は延伸計画があり実際に工事にも着手していたそうで
国道の下まで伸びる線路や中間駅のような駅構造も
それを物語っています。

内部駅

DSC_3886DSC_3908DSC_3915


御在所

御在所岳は ロープウェイ が整備されており
山頂公園駅まで 12 分で結んでいます。
開業は 1959 年で
三重交通傘下の御在所 ロープウエイ 株式会社が
運営を行っています。

山頂は スキー 場になっていて駅に リフト が併設されています。
この リフト は夏期でも運行されていて
駅から スキー 場側の頂上までを 8 分程度で結んでいます。

今回はこの山頂まで行かなかったのですが
しかし流石に 1000m を越えて来ると
普段 ジム で走っていても
少し動くと息切れすると言う情けない事になりました・・・。

DSC_3549

御在所御在所御在所



朝熊山

1962 年に着工した伊勢志摩 スカイライン は
伊勢⇔鳥羽間を結ぶ延長 16.3Km の有料道路です。

かつては ケーブルカー や
定期 バス が運行されていましたが
現在は年末年始などに運行される臨時 バス のみとなっています。

標高 506m にある山頂展望台からは
鳥羽湾の リヤス 式海岸の他
条件が整えば富士山も見えるそうです。
奈良から日帰り ツーリング で出掛けるには
丁度良い距離だと思います。

朝熊山

朝熊山朝熊山朝熊山


伊良湖フェリーターミナル

伊勢湾 フェリー の
伊良湖側の発着場所である
伊良湖 フェリーターミナル は
道の駅 クリスタルポルト と併設しています。

館内は チケット や土産物
フードコート などが入っていて
近くにあまり店が無いので フェリー の時間を待つには
ここが ベスト です。

伊良湖フェリーターミナル伊良湖フェリーターミナル

プリマウインナー号

名阪国道の沿線に プリマハム 三重工場があり
その敷地に展示されているのが
プリマウインナー 号です。

プリマハム 号と標記される事もありますが
正式には プリマウインナー 号で
車体にもそう ペイント されています。

元々は資本提携している
米 オスカー・マイヤー 社が製作した
キャンペーン 用の車両で
それを譲り受けて プリマハム 仕様にしたのが
この プリマウインナー 号です。

なんでも守衛の方に事情を説明すれば
中まで入って撮影させてもらえるそうですが
側道からでも良く見えるので今回はそこから撮影しました。

プリマウインナー号

赤目四十八滝

赤目四十八滝は上流から下流まで
およそ 4Km の間に
大小合わせて四十八の滝があります。

しかし見どころは赤目五瀑と呼ばれる
5 つの大きな滝で
各滝には スタンプ を押す チェックポイント が
用意されています。

滝だけでなく
これからの季節は紅葉も楽しめると言う事なので
もう一度出掛けてみようと思います。

赤目

赤目赤目赤目


亀山駅

1890 年に開業した亀山駅は
関西線と紀勢線の 2 路線の接続駅で紀勢線は
この駅が起点となっています。
また 1987 年の国鉄民営化に伴い
JR東海 と JR西日本 の境界駅となり駅業務は
JR東海 が行っています。

かつては三重県内の鉄道の要衝で
機関区や客貨車区などが置かれるなど賑わっていましたが
現在は快速/普通列車のみが発着する ローカル 駅となり
1Km 四方に広がる広い構内だけが
賑わっていた当時の面影を留めています。

ちなみに駅前の大きな鳥居は
能褒野神社一の鳥居で
かつては駅の北側にあったそうですが
県道の整備に伴って移設され
現在は駅前の モニュメント となっています。

DSC_0982

DSC_0994DSC_0988DSC_0983

青蓮寺ダム

三重県名張市にある青蓮寺 ダム は
1964 年着工し 1970 年竣工した
重力式 アーチダム です。

洪水調整/灌漑/発電/上水を行う
多目的 ダム として
木津川上流 ダム群の一角を担っています。

青蓮寺 ダム は青蓮寺湖とも呼ばれ
名前の通り近隣にある青蓮寺から来ています。
また展望台が絶景を撮影するには丁度良い場所にあり
木々で遮られる事無く撮影する事が可能です。

P1050037

P1050027P1050032P1050033


笠取山分屯基地

青山高原は風車群で有名ですが
実は同じ尾根に
航空自衛隊の笠取山分屯基地が設置されており
主に レーダー 基地として機能しています。

この基地は
1955 年に米軍が開設し
1958 年に米軍から移管されました。

この基地への送電 ケーブル を利用する形で
風力発電の風車群が建設され
現在に至るそうです。
何でも全体で原発 1 基に相当する
95000kW の発電が可能だそうです。

DSC02968DSC02966

湯の山温泉駅

近鉄湯の山温泉駅は
近鉄四日市駅を起点とする
湯の山線の終点駅となっています。

元は 1914 年に四日市鉄道の湯ノ山駅として開業し
その後四日市鉄道は
三重交通や三重電気鉄道を経て
1965 年に近鉄吸収されました。

開業当時は 762mm の ナローゲージ だったのが
1435mm に変更され
名古屋線との乗入も可能となっています。
しかし名古屋線や大阪線への直通特急は
夏季限定の臨時扱いとなり
通常運行は廃止になりました。

P1020122

湯の山温泉湯の山温泉湯の山温泉


伊勢神宮

日本人として一生に一度は
行くべき場所の一つだと考えている
伊勢神宮へ初詣も兼ねて出掛けました。

事あるごとに前は何度も通ってるんですが
中まで入って参拝したのは
今回が初めてです。

昨年は式年遷宮等で話題になっていましたが
出掛けた日は比較的空いており
隣接する無料駐車場も
70% 程度の稼働率でした。

今回は外宮のみの参拝だったんですが
おかげ横丁は内宮側だと言うことを知らなったので
結局内宮側へも行く事になりました・・・。

DSC01332DSC01338DSC01346




松阪駅

松坂駅は三重県松坂市にある
近鉄/JR東海 の 2 社が乗り入れる共同使用駅で
駅舎は南北それぞれにあり
南:JR(画像上)
北:近鉄(画像下)
が管理しています。

JR/近鉄 間に中間改札は無く
自由に行き来出来る構造となっています。

駅舎だけで見ると
JR が メイン で本数も多そうですが
実は近鉄の方が倍以上の本数があります。

P1050890

P1050893


桑名駅

桑名駅はJR東海 近鉄 養老鉄道
の 3 路線が乗入れる駅で
養老線の起点となっています。

養老線とは
桑名駅〜揖斐駅 までを結ぶ路線で
三重と岐阜を直結する唯一の鉄道路線です。

元々は近鉄が運営していた路線ですが
貨物輸送の減少や国道の整備に伴い経営状況が悪化し
2007年2月14日に設立された養老鉄道に
運営が移管されました。
しかし車両や路線などの設備は
引き続き近鉄が保有しています。

520


近鉄四日市駅 内部線

何度か ブログ の話題でも取上げている ”狭軌” と ”標準軌” ですが
近鉄四日市駅から内部(うつべ)駅までを結ぶ内部線は
762mm という特殊狭軌で軽便鉄道に属しています。

元々内部線は
1912 年に三重軌道が開業させた路線で
その後数度の合併と分離を経て
1965 年に近鉄と合併し現在に至ります。
しかし2012 年には路線を廃止し
バス 専用路(BRT)に転換する案が提案されました・・・。

ちなみに
ホーム が 9・10 番になっているのは
近鉄の場合
通過線や引上線にも番号が振られている為で
7・8 番線が欠番しているように見えます。

近鉄四日市近鉄四日市四日市2


伊賀上野城

上野 ドライブイン から微かに見える
「伊賀上野城」へ行ってきました。
小さく見えているので遠いと思っていたのですが
いざ目指してみると
あっという間に着きました。

上野 ドライブイン からも下道で行けますが
今回は上野 インター から行きました。
インター を下りてからほぼ一本道で
本当に10 分程度で着いたように思います。

春は桜の名所としても有名なので
その頃にもう一度行ってみたいと思います。

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ