不具合

オドメーター

あっと言う間に 5000Km を走破しました。
これくらい走れば体も MT に慣れた感じで
ギクシャク する事も無くなりました。

逆に AT に乗ると
つい幻の クラッチ を踏んでしうくらいです(笑)

特に車としても不具合は無いのですが
敢えて言うなら
ハンドブレーキ が緩いのと
ルームミラー の所にある レーダー の カバー が緩くて
カタカタ 鳴るくらいなので
まあ半年点検で改善出来るでしょう。

ちなみに 3000Km の時点で
エンジンオイル を 1 回交換しています。

CX-3

YouTube

ここ数日の間に
YouTube の仕様が変更されたのか
2~3 年前に投稿した一部の動画が
異常に横長に表示されるようになってしまいました。

一時的な物だと思っていたのですが改善せず
恐らくこのままだと思われます。
一応 PC にも保存してあるので
一部は再投稿しようと思います。

この ブログ に貼り付けた限りでは
大して変わりは無いように観えますが
YouTube 本体から観ると
かなり横長になっています。

一応 YouTube も クラウド に入り
ネット 上で共有出来る利点がある反面
いざ不具合が生じると
こちら側ではどうしようも無いので
やはり バックアップ は必要だと痛感させられました。




マグネシウム電池

現在主流の
ニッケル 水素電池や リチウムイオン 電池は
製造過程の不具合や過電流により発熱や発火する危険性が高く
携帯電話の異常な発熱や
787 の発火など度々問題が指摘されています。

しかし不具合による異常な発熱や発火が起き難く
小型軽量で低価格かつ大容量という夢のような電池が
実用化されつつあります。

それは マグネシウム 電池で
薄い銅箔 に マグネシウム や セパレーター を接着し
シート 状に加工した物を
ビデオテープ のように巻いて使用します。
個人的には マイラコンデンサー のような イメージ を持っているのですが
この マグネシウム 電池が実用化されると
例えば現在の スマートフォンに搭載すれば
1 回の充電で 1 ヶ月は充電無しで使用出来ると言われています。

また安全面では
薄い シート を巻いただけなので
発火したとしてもすぐに切れてしまい
燃え続けることは無いそうです。

キャプ

リコール

先日 リコール 対象の加湿器が原因の火災で
老人 ホーム が全焼しました。
この加湿器は 14 年前に リコール 届けが出され
回収が続けられていたものの
使い続けられ今回の火災に至りました。

しかし家電製品の リコール 情報を確認する人は
わずか 28% という数字が出ています。

車なら車検や定期点検で リコール を行えますが
家電製品の場合
販売したあとは
どこでどのように使用されているのかを把握するのは
ほぼ不可能かと思われます。

また リコール 情報を確認するとしても
家中に家電製品が溢れている訳で
どこまで確認するかも微妙な所です・・・。
あるいは "まだ使えるから" という理由で
長期間の使用するのではなく
10 年程度を目処に更新して行くのも一つの手ではないでしょうか。

IMG
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ