並行輸入

シトロエン DS

最近の シトロエン は DS を
DSブランド として展開していますが
1955 年に発売された DS(画像) とは別物で
ブランドイメージ だけを引継いだ感じです。

画像の DS は何と言っても車高の低さが目につきますが
実は油圧で車高を調整する
ハイドロニューマチック・サスペンション が搭載されていて
エンジン を止めると一番低い所まで車高が下がる
仕組みになっています。

1955年〜1975年 までの間に約 146 万台生産され
日本にも 1955 年から数社の ディーラー が
並行輸入を行っていました。
しかし油圧 サスペンション の不具合も多く
インターネット が無い時代でもあり
維持するには大変な苦労があったそうです。

DS


Ninja RR150

国内では一部の輸入車を除いて
2st は絶滅しました。

しかし小型で高出力な 2st は
アジア 圏ではまだまだ生産されており
日本 メーカー の現地法人も一部生産しています。

カワサキ もそんな メーカー の 1 つで
実は並行輸入された新車を購入する事が可能です。
2スト なので排気量は 150cc と控えめですが
キャブ 式で 6 速 ミッション に フルカウル と
1 つ上の見た目と性能を誇っています。

まだまだ根強い人気を誇る 2スト
メンテナンス に若干の不安があるものの
新車で買えるとあって話題になっています。

350fcc78


カローラ

米国市場での カローラ の販売台数は
29 万台(2012年)と
主力車の カムリ に次ぐ販売台数で
トヨタ 全体では約 14% を占めています。

そんな米国市場向けの カローラ が
5 年振りに モデルチェンジ しました。

先代も日本仕様とは異なる デザイン でしたが
今回は更にその差が大きくなり
同じ カローラ とは思えない
スタイリッシュ な デザイン となっています。

若手 ユーザー 向けの サイオンブランド も展開していますが
カローラ は トヨタブランド として販売し
トヨタブランド の若返りを図る狙いがあるそうです。


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ