京都

トロッコ嵯峨野

嵯峨嵐山駅の向かいにあるトロッコ嵯峨野駅には
"ジオラマ京都JAPAN"が併設されています。
いわゆる各地にある鉄道博物館にある鉄道模型ですが
何でも路線距離が2.7Kmと言う
日本最大のレイアウトになっているそうです。

清水寺や御所など
京都観光の見所が精密に再現されていますが
このジオラマのメインは車両の運転で
車両を持ち込んで運転させる事も可能です。

しかしそれが故にレイアウトを走行せずに停まっている車両が多く
それが少し残念でした。

DSC_8656


嵐電 嵐山駅

嵐山駅と言うと
・京福電鉄(嵐電)嵐山
・阪急嵐山
・トロッコ嵐山
・嵯峨嵐山
の4駅あり今回は
嵐電嵐山駅を見てきました。
同駅は1910年に嵐山電車軌道の駅として開業し
1942年に京福電鉄の嵐山駅となりました。

駅は嵐山本線に所属していますが
先の帷子ノ辻駅で北野線に接続しています。
嵐山本線の起点は四条大宮駅で
四条大宮駅から5.2Kmの地点に位置しています。

かつては愛宕山鉄道と接続し愛宕山まで伸びていましたが
しかし1944年に廃止となり現在に至ります。

嵐山駅

京福電鉄 帷子ノ辻駅

嵐山本線と北野線が接続する帷子ノ辻駅は
1926年に京都電燈の北野線高雄口 - 帷子ノ辻間の開通に伴い開設されました。
その後京都電燈発送電部門と輸送部門の分離に伴い
1942年に京福電鉄が発足し路線が譲渡されました。

現在の駅ビルは1973年に竣工し
竣工当初はジャスコ帷子でしたが
現在はダイソーやフレスコなどが入居する
ランデンプラザ帷子として営業しています。

帷子ノ辻駅帷子ノ辻駅


フリーゲージトレイン

海外では フリーゲージトレイン の実用化例がある反面
日本では車軸の ベアリング の偏摩耗など
20 年以上試験を重ねても未だ実用化には至っていません・・・。

しかし近鉄が
京都⇔吉野間の直通運転を目指して
開発する事を発表しました。

近鉄は複雑で
京都⇔橿原神宮前:標準軌
橿原神宮前⇔吉野:狭軌
となっており フリーゲージ が導入出来れば
橿原神宮前での乗換が無くなると言う狙いです。

500系エヴァ

JR 西日本が500系エヴァ の運行を
5月13日で終了する事を発表しました。
2015 年の運行開始当初から見に行こうと思いつつ
結局運行終了間際になってしまった訳ですが
でも見られて良かったです。

次は ハローキティ になるそうで
HP で デザイン 案などが公開されています。

しかし エヴァ の運行最終日は日曜日なので
ホーム は ギャラリー で一杯になるでしょうね。

500系


EF66

EF66 型電気機関車は
国鉄が 1968〜74 年まで
日本貨物が 1984〜91 年まで製作した
直流電気機関車で合計で 89 両製作されました。

京都鉄道博物館に展示されている車両は
JR 貨物から譲渡された 35 号機で
国鉄民営化時に譲渡された 73 両の内の 1 両です。

JR 西日本にも 40〜55 号車の 16 両譲渡され
主に寝台列車の牽引に使用されて来ましたが
2009 年の ダイヤ 改正で定期運行を終了し
2010 年には所属車両は消滅しました。

EF66


DD51756

国鉄時代の ディーゼル 機関車 DD51 は
1962年〜1978年の間に 649 両製造されました。

しかし最終型でも製造から 40 年く経ち
新型機関車の DF200 なども登場していますが
残念ながら置き換えが進んでおらず
DD51 の更新工事を実施して当面は継続使用する事になっています。

この京都鉄道博物館の DD51756 は
1972 年に日立製作所製で製造された 700 番台で
JR 貨物から譲渡された車両です。

DSC_6219


京都鉄道博物館

京都鉄道博物館が開館して約 2 年になるそうですが
以前の梅小路蒸気機関車館の頃に出掛けているので
なかなか足が向かず
やっと出掛けたと言う感じです。

梅小路の頃とは言っても
過去の記事を見ると 2010年7月4日 になっているので
もう 7 年も前になり何だか悲しくなりました。

機関車などの動体展示は
梅小路の頃と変わらず屋内の展示の リニューアル が
メイン と言う感じがしました。
屋内は 500 系など新幹線の展示は
どこでにもあって目新しさは感じなかった反面
ディーゼル 機関車の展示はここだけだと思うので
運転台と一緒に見ると一層臨場感が味わえます。

ちなみに私はの石北本線の動画で予習してから出掛けました(笑)

DSC_6238


四条大宮駅

京福電鉄の四条大宮駅は
1910 年に嵐山電車軌道の京都駅として開業し
現在の駅舎は 1986 年完成しました。

京福電鉄は "嵐電" とも呼ばれ
嵐山線と北野線の 2 路線あり四条大宮駅は嵐山線の起点で
終点の嵐山までの 7.2Km で営業運転を行っています。

北野線は帷子ノ辻駅から分岐し
北野白梅町駅までの 3.8Km で営業運転を行っています。

四条大宮駅


梅小路公園

梅小路公園の紅葉が見頃を迎えていました。

梅小路公園は真剣に散策した事が無かったのですが
思いの外紅葉が綺麗で
しかも東海道線や山陰本線が脇を走っているので
良い絵が撮れました。

極端な話をすると
山へ出掛けても植林された山は杉ばかりで紅葉しないので
身近にある公園や寺院へ出掛けた方が
逆に紅葉が綺麗だったりしますね。

梅小路公園


東福寺 陸橋

東福寺駅から徒歩 5 分くらいの所にある
陸橋から撮影してみました。

残念ながら金網越の撮影となり
少し工夫が必要なのですが
今回は FZ1000 の最大望遠である
400mm で撮影してみました。

上から直線を走るのを撮ると
ヘビ のように ウネウネ する様子がより解り
良い感じですね〜。

P1030886


近鉄名古屋

近鉄名古屋駅は 1938 年に
関西急行鉄道の東の拠点として開業しました。
開業当時地下に
3 線 3 面の規模を持つ拠点駅は珍しく
大いに賑わったそうです。

その後
1940 年に関西急行鉄道が参宮急行電鉄合併し
更に 1944 年の戦時合併により近畿日本鉄道が成立し
近鉄の名古屋駅となりました。

現在では駅構内も 4 面 5 線に増設され
大阪・奈良・伊勢方面への特急も頻繁に発着する事から
開業当時以上の賑わいを見せています。

P1030388


しまかぜ

観光特急 "しまかぜ" は
難波/名古屋/京都発の3 路線 3 編成が
運行されています。

その内
京都⇔賢島 路線に投入されている編成は
京都へ到着後回送運転されて
西大寺車庫で始発まで留置されます。

今回はたまたまだったのかも知れませんが
屋内に留置されており
夜間にも関わらず何とか撮影する事が出来ました。

P1000368

しまかぜ

難波/名古屋 に続いて京都からも
"しまかぜ" の定期運転が開始されました。

目的地はいずれも賢島で
10:00 と 17:38 に京都駅へ行けば見る事が出来ます。

見るばかりでなく
一度は乗らないと駄目ですね〜

DSC00970




海上自衛隊舞鶴基地

海上自衛隊舞鶴基地に
横須賀所属の ジョン・S・マケイン が寄港すると言う事で
久し振りに出掛けました。

今回の寄港は 4 年振りで
乗組員の友好親善と休養が目的で
ミサイル 防衛とは無関係と発表されています。

残念ながら今回は マケイン も含めて
停泊している艦艇全部が立ち入り禁止で
その上 マケイン は
近くで撮影する事すら禁止でした・・・。

なので・・・と言う事では無いのですが
軍港巡りの遊覧船で海側から動画などを録りました。

舞鶴基地舞鶴基地舞鶴基地舞鶴基地舞鶴基地舞鶴基地



交通科学博物館

交通科学博物館の大型 ジオラマ は
老朽化に伴い閉館後に解体処分される事になりました。
しかし所蔵する 250 両の車両は
京都鉄道博物館へ移設されるそうです。

ところで最近の巨大 ジオラマ は自動運転なのですが
同館の ジオラマ は 50 箇所ある ポイント など
すべて手動で行われていました。

やはり老朽化と同時にシステム的にも
最新の博物館には合わず
車両だけ移設するのが懸命な判断だと思います。

交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館

交通科学博物館

1962 年に開館した "交通科学博物館" も
いよいよ閉館まで 1 ヶ月となりました。
閉館後は
2016 年に京都に出来る "鉄道博物館" に統合され
一部の展示品車両や資料も
移されるそうです。

埼玉や名古屋などに出来ている
同様の博物館と比べれば
"交通科学博物館" の規模は半分以下ですが
要点をまとめた コンパクト な展示は
短い時間で回り切れるので
これはこれで良かったのではないかと思います。

DSC_5881


月桂冠大倉記念館

従来企業博物館は
自社の企業活動の テーマ や保有する技術や知識を
一般に公開するの為に設置することが多かったのですが
最近では "大人の工場見学" として
企業の ファン を増やし
それを消費に繋げる場としても機能しています。

そこで今回出掛けたのは "月桂冠大倉記念館" です。
月桂冠発祥地に建つこの記念館は
当時使用されていた酒造用具を行程順に展示し
見学の終わりには "おとなの工場見学" ならでの試飲が用意されています。

これまで日本酒は "辛い" という イメージ しかなく
全く飲んで来なかったのですが
試飲で試した吟醸酒は
米から作っているのに フルーティ で飲みやすく
一気に日本酒に対する イメージ が変わりました。
これまで飲んで来なかったのは
飲まず嫌いだったのかも知れません。


京都ツイッター博覧会

本日「京都ツイッター博覧会」へ行ってきました。
ツイッター関連のイベントに参加するのは今回が2度目です。

前回参加した時にフォローした@panam1972さんに
再びお会いするなど確実に実世界での輪も広がっています。
また新たに京都府内で
伝統工芸に携わっておられる方や
アクセサリショップを経営されている方などと
交流する事も出来ました。

ツイッター上では
簡単にフォローしたりフォローされたり出来る反面
ブロックやリフォローも簡単に行うことが出来ます。
基本的に
たった140文字の希薄な繋がりであるものの
今回のようなイベントが行われれば
数百人が参加し
その希薄な繋がりの中にも"人"との繋がりが存在している事を
改めて認識させられました。

ちなみに今回のメインは「北野誠」さんに会うことでした。
交流会では短いながらもお話が出来
写真撮影にも気軽に応じてもらえました。

P1030339
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ