任天堂

プチコンBIG

DS 用に販売されていた プチコン が
Wii U にも対応するようになりました。
プチコン とは BASIC で プログラミング できる
ソフトウェア の事で ゲーム 機を使用することで
プログラミング の垣根を低くしています。

Wii U は DS と比べて処理速度が速く
大画面で キーボード 入力出来るなど
プログラミング 環境が快適になっています。

価格は 3000 円で
12/12 から ニンテンドーeショップ で
配信予定となっています。
C 言語で挫折したんですけど
BASIC なら何とかなりそう・・・
と思って YouTube の作例を見たら
レベル が高過ぎて再び挫折しました・・・。

5627637bd7bd9


オキュラスリフト

水中眼鏡の様な オキュラスリフト は
一体何が凄いのか?
見た目には何が凄いのか全く分からないのですが
実は見える映像が凄いのです。

通常 3D にしろ 2D にしろ
正面しか見えないのが
オキュラスリフト は首の動きに反応して
右を向けば右の映像が
左を向けば左の映像が スクリーン に映し出されます。

要するに実際にその場に居るような臨場感を
味わう事が可能だから
凄いと言われています。

以前これに近い物が
任天堂から バーチャルボーイ なる製品名で リリース
されていました。
赤色の単色表示だったものの
3D の ゲーム が出来る画期的な製品でした。
もう少し遅くに出ていれば
オキュラスリフト が登場する事は無かったでしょうね〜。

VR1


3D 化

この価格(1980円)で iPhone の画面が 3D になるのかと
衝撃を受けましたが
詳しく説明を読むと・・・

YouTube で公開されている YT3D 動画のみに対応し
YT3D に対応していない動画は
観られないと言うことが判明しました。

この値段で iPhone で 3D を観ようする志は評価出来ますが
しかしこの大きさは・・・。
この スコープ に足を付けたら
まるで ニンテンドー の バーチャルボーイ ですね。

400-CAM021_02400-CAM021_03400-CAM021_04

Wii U

PS3には
IBM 東芝 ソニー が開発した 64bit Cell が搭載されています。
この Cell は9つのコアで構成され
複雑な整数演算能力ではPCのCPUより劣るものの
シュミレーションや画像処理などの並列処理では
PCのCPUを超える演算能力を発揮します。

一部のワークステーションや薄型テレビ
スーパーコンピュータ(Roadrunner)にも搭載されています。
またPS3を数百台並列接続することで
スーパーコンピュータを構築することも可能です。

そんな Cell を搭載したPS3に対抗するのが Wii で
先日後継機にの Wii U が発表されました。
この Wii U が搭載するのは
IBM製の Power です。(Powerをベースに開発)
詳しい仕様は公表されていませんが
45nm Silicon-On-Insulator で製造され
省電力・高速処理を実現しているそうです。

IBM製のCPUは
ゲームキューブや初代Wiiにも採用され
これまでに
初代Wii用だけで9000万台以上出荷されたそうです。

※画像は Wii 向けのCPUを製造するIBMの半導体工場

yu_wii2

日本エイサー

任天堂DSが発表された当時
2画面という特殊性から
ソフトの供給に不安を感じる声があり
ヒットしないだろうという見方がありました。
しかし実際は大ヒットし
裸眼で3Dが見られるモデルも投入間近となっています。

さて日本エイサーが本日発表したのは
そんなDSを巨大化させたような
2画面のタッチパネルタブレットPC(ICONIA)です。
iPadの登場以降
キーボードという概念が薄れつつなり
今回のモデルの発表で
その流れが確実な物となりました。

14型の液晶を2面搭載し
タブレット型とノート型の中間の位置付けとなっています。
ターゲットはIT機器に関心の高い層で
来年の2月には店頭に並ぶ予定となっています。
価格は14万円からだそうです。

しかし
こういう斬新な製品は
ソニーのVAIOシリーズなどで出して欲しかったですね〜。

untitle

HARD・OFF

BOOK・OFFに併設しているHARD・OFFは
意外にも資本関係が無いそうです。

そのHARD・OFFには懐かしい物や
何に使うのか不明が並んでいて好奇心をくすぐられます。
先日も
ゲーム機器が並んでいる棚に目をやると
なんと「バーチャルボーイ」が2台も並べてありました。
「バーチャルボーイ」と言えば
任天堂が出した据置型のゲーム機で
ゴーグル型のディスプレイに映し出された立体映像を見ながら
プレイをします。

最近の3Dブームの先駆けとも言えますが
ディスプレイは赤〜黒までの4段階しか無く
世に出すのが少々早かったように思います。
発売当時の定価が15000円で
HARD・OFFの中古価格が10500円みたいです。
ある意味プレミア価格ですね。

P1000001
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ