充電

USBタップ

2.4A の出力を誇り
同時に コンセント まで使えて完璧かと思いきや
プラグ が折り畳めないと言う残念さ・・・。

元が小さいので折り畳む機構を付けても
大して大きくならないと思うんですけどね〜。

それを承知で購入したのですが
思いの外 プラグ がかさばります・・・。

DSC02311DSC02312

エネループ

エネループ の オフィシャル から出ている ケース は
知る限り透明の 1 種類のみなので
サンワサプライ の ケース を使用しています。

やはり 2 色あると便利で
私は 青:充電済 透明:使用済
と分けています。

アマゾン では 300 円以上しているのですが
ビックカメラ では 200 円くらいだったと思います。

P1050135

スペーサー

乾電池式の センサーライト が単二仕様なので
スペーサー を購入してみました。

毎回電池を購入するより
エネループ 化した方が
ランニングコスト を抑えれらると思うんですが
単二仕様の機器に単三を使用するので
どれくらい持つかは不明です。

頻繁に充電しなければならないと
それはそれで面倒臭いので
しばらく使って判断したいと思います。

P1050126

iPhone5用ジャケット

置くだけで ワイヤレス 充電が出来る
qi 環境を構築してるのですが
iPhone5 に対応した ジャケット や アダプタ が無く
今一つ活用仕切れていませんでした。

この問題は
iPhone5 になってから
ドックコネクタ の形状が一新したせいで
iPhone4/S までは対応 ジャケット が リリース されていたので
iPhone5 用が リリース されるのを心待ちにしていました。

そしてやっと
対応 ジャケット が リリース されました。
それと同時に
マイクロUSB を装備した アダプタ も リリース され
こちらも iPhone5 対応なことから
こっちの方が汎用性が高そうです。

と言うのも ジャケット の場合
装着してしまうと
qi でしか充電出来なくなってしまう為で
モバイルバッテリー などで充電する場合
いちいち ジャケット を外さないといけません・・・。

414UpCG-XYL - コピー41CyCXLOXeL

Qi ワイヤレスチャージ

Qi を導入して
自宅の デスク 周りにある
充電用 USB を片付けたかったんですが
対応機器が少なく導入に踏切れていませんでした。

しかし
Micro USB Wireless Charging Clip を使用することで
Qi 非対応機器でも ワイヤレス 充電が可能になりました。

では早速 Foma などを充電して・・・
実は コネクタ の向きが
本体とは逆になっているので
充電中は機器の操作が出来ません・・・。

私の場合
自宅では基本的に PC がメイン なので
特に困らないのですが
どうしても・・・という時の為に
Micro USB を延長する ケーブル で対応しようと思います。

ところで
マクセル の製品は
同時に 2 つの充電が可能なのに
1 つしか充電出来ない パナソニック の製品にしたのかと言うと
マクセル の製品は少しでも ズレ ると充電出来なくなるのに対し
パナソニック の製品は
どこへ置いても コイル が移動するので
充電中に着信があって機器が移動しても
充電が継続可能だからです。


ヤマタノオロチ

USB から充電出来るのは便利な反面
標準 / マイクロB / ミニB などそれぞれ規格が違う上
iPhone / iPad は専用の ドックコネクタ だったりと
持ち歩く機器に比例して
ケーブル や変換 プラグ の数が増えるのが現状です。

しかしそんな煩わしさを解消しようという
「ヤマタノオロチ」なる製品が登場しています。
1 つの USBポート から 10 本に分岐されたケーブルは

iPhone / iPad / GalaxyTab / microUSB / miniUSB
DS・DSi・3DS・DSLite / 3G(Docomo・SoftBank) / au

に対応し同時充電が可能と言う志高き製品です。
これだけの規格に対応していると
身の回りにある機器は全部 カバー 出来るのではないでしょうか?
ある意味 10得ナイフ より実用的ですが
耐久性が心配です・・・。

ヤマタノオロチヤマタノオロチヤマタノオロチ

リストバンドバッテリー

iPhoneやiPad などデジタルガジェットを持ち歩くと
常に気になるのがバッテリー残量です。
iPhone4やiPadの発売直後は
専用アダプタでしか充電出来ないなどの不便もありましたが
最近では高電圧タイプの携帯バッテリーも種類が充実し
ある程度残量を気にする事なく持ち歩けるようになりました。

しかし予備バッテリーやケーブルなど
かばんに入れておくと思いの他かさばる物です。
そう思っていると
リストバンドバッテリーなる製品を発見しました。
なんでも手首に装着したまま充電出来て
邪魔にならないそうです・・・。(アマゾン価格:¥2980)

まあアイデアとしては面白いと思いますが
充電している間中
機器を持っていなければならないという欠点があります。
ある意味これは致命的な欠陥だと思います。
やはりエネループなどのバッテリーを持ち歩くのが現実的ですね。

untitled
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ