南紀白浜空港

南紀白浜空港 空の日フェスタ

南紀白浜空港で開催された空の日フェスタ
今年は開港50周年記念と言う事もあり
ブルーインパルスの展示飛行が実施されました。
今回初めて出掛けた訳ですが
やはりブルーインパルス効果なのか
例年以上に来場者が多かったそうです。

午前中は何とか持っていた天気も午後からは本降りの雨となり
一通り観て早々に引き揚げました。
今回のメインはブルーインパルスだったので
それが観られただけでも十分収穫があったと思います。

今回のイベントでは
1200mの旧滑走路が駐車場として開放されていました。
南紀白浜空港はプロペラ機のみの空港として1968年に開港し
現在の場所に1800mの滑走路とターミナルが完成したのは
1996年になってからです。

南紀白浜空港


サーブ340

1937年創業のサーブは
日本では自動車のイメージがありますが
元は航空機メーカーで旅客機や戦闘機を製造していました。

しかし自動車部門は破産し資本関係のない別会社となり
本体の航空機事業も買収に伴い製造を終了しました。

サーブ製の航空機はJACやHACが
サーブ340をYS-11の後継機として導入し
現在も運用しています。
また海上保安庁もサーブ340を4機体導入し
警備・捜索・救難任務で運用しています。

サーブ340

南紀白浜空港

本州最南端にある南紀白浜空港は
1968 年に開港し 50 周年を迎えました。

現 ターミナル は 1996 年に完成し
2000 年には滑走路を 2000m に延長するなど
着実に進化しているものの
定期便は 1 日 3 便と言う地方空港ならではの
お寒い状況となっています。

私が空港を訪れた時も
私しか客は客はおらず貸し切り状態だった訳ですが
しかし流石は日本の空港だけあって
レストラン は開いており注文すれば
ちゃんと料理が運ばれて来ました。

南紀白浜空港

南紀白浜空港南紀白浜空港南紀白浜空港


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ