台湾一周

奮起湖弁当

電車の旅の楽しみの 1 つに
現地で御当地の弁当を食べるのがありますが
それは台湾でも同じで嘉義県の奮起湖まで行ったら
奮起湖大飯店で売られている奮起湖弁当を食べるのが
台湾観光の王道とも言えます。

しかし奮起湖へ行くのは
それが目的でないと アクセス が大変なので
ついでに寄る・・・と言うのは難しいと思います。

でも奮起湖大飯店と コラボ した弁当が
駅の売店で売られています。
基本的に本家と同じ内容の弁当で味付などは
本当に美味しいんですけど売店で販売する上で
どうしても作ってから時間が経っていて
ご飯に具材の油がしみて柔らかくなっているのが残念でした。

しかし
この弁当を食べたからこそ
本家の方を食べたいと言う欲が出て来たので
また 1 つ台湾へ出掛ける口実が出来ました(笑)

奮起湖弁当

奮起湖弁当奮起湖弁当

鵝鑾鼻

"ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE" は
台北駅→鵝鑾鼻 を路線 バス で目指すと言う内容で
確か高鉄左営から路線 バス に乗ったと思います。

鵝鑾鼻は墾丁国家公園の一部で
航海の難所である事から鵝鑾鼻が設置されています。
また軍事的要所でもあり最近も
先の バシー 海峡を中国海軍の空母が通過するなど
注目が集まっている地域です。

所でこの バス の系統を調べてみると
路線 バス のようで終点の鵝鑾鼻まで行くのに
100 以上の バス 停に停車するみたいです。
停まってたのが 20 時頃だったので
この時間帯からだと終点に着くのは・・・明け方くらいですかね(笑)

DSC_7095

空港線

話が前後するんですけど
桃園空港→台北駅 は バス を利用して
台北駅→空桃園港 は地下鉄の空港線を利用しました。
前回利用したのは新幹線の 桃園駅→桃園空港 までなので
台北から利用するのは今回が初めてです。

台北駅→桃園空港 は
急行に相当する直達車は約 40 分で
普通に相当する普通車は約 50 分です。
これは逆でも同じで
それに 15 分間隔で交互に運転されているので
来たのに乗れば大丈夫だと思います。

空港線が出来る前は バス を利用するのが一般的でしたが
しかし空港から バス を利用する場合
経路がいろいろあるので
地下鉄で台北駅まで向かうのが楽な選択だと思います。

DSC_2826


淡水

淡水線の終点である淡水駅は
起点の台北から 21.2Km の地点に位置しています。
淡水駅の由来は淡水河から来ており
淡水河は台湾三大河川の 1 つで
日本統治時代には大型船舶も航行可能だったそうです。

現在は漁港や公園になっていて
屋台が立ち並ぶ淡水老街がるなど
景勝地となっています。
淡水と言えば魚のつみれ スープ (魚丸湯) が名物で
つみれの中に肉そぼろが入っています。

私が食べたのは コンソメ 風味の スープ に
薬味が入っていたので魚のすり身が苦手な人でも
臭みが消えていて食べれると思います。

DSC_7408

DSC_7404DSC_7420DSC_7424


花蓮空港

花蓮空港は 1936 年に
花蓮港北飛行場として開港しました。
第二次大戦後は中華民国に接収され
中華民国空軍の基地となっていましたが
1962 年に軍民共用となり現在の ターミナル は
2004 年に完成しました。

しかし民間用 ターミナル も
あくまでも軍の敷地の一角にある感じで
屏の向こうでは戦闘機が エンジン を吹かしていました。

主に国内線が就航する第二種空港で
日本からも不定期の チャーター 便が就航しています。
太魯閣渓谷の最寄り空港として外国人の利用も多いそうですが
出掛けた時は定休日かと思うくらい閑散としていました・・・。

空港への アクセス は
花蓮駅から バス と タクシー があり
タクシー だと 15 分くらいで料金は 200 元です。
バス は・・・時刻表を見てもらえると
駅→空港 は停まる バス 停が多く 4〜50 分程度掛かる反面
空港→駅 は 15 分くらいです。
料金は 25 元くらいだったと思います。

花蓮空港

花蓮空港花蓮空港花蓮空港


普悠瑪号

普悠瑪号こと TEMU2000 型は
TEMU1000 型の後継として 2013 年に登場しました。
製造は日本車両が担当し 2015 年までに 152 両製造されました。

台鉄は普悠瑪号押しで
その上設備が良く速いので チケット も取り難くなっています。
せっかく出掛けるんだからと
花蓮→台北 は普悠瑪号を選んで取ったんですけど
何か ミス ったようで発行された チケット は太魯閣号でした・・・。

でも予定通り工程が消化出来たので良かったんですけど
こうなると次に訪台する理由が1 つ出来ましたね〜。

普悠瑪号

花蓮駅

カレン と言えば 1994〜98 年まで生産されていた・・・
ではなく花蓮県にある台湾鉄路の駅です。
旧花蓮港駅は 1910 年に開業しましたが
現在の花蓮駅は花蓮港駅廃駅後の 1979 年に開業しました。

北廻線の終点であり台東線の起点となり
北廻線は起点の蘇澳新駅から 79,2Km の地点に位置しています。

花蓮県は出掛ける 2 週間くらい前に大きな地震が発生し
高層 マンション が傾くなど
日本でも被害が報道されていましたが
実際に現地に行くと特に被害は感じられませんでした。

花蓮駅

花蓮駅花蓮駅花蓮駅


台東駅

今回の訪台は在来線の
屏東線→南廻線→台東線→北廻線→宜蘭線
を巡るのが目的なので高雄から スタート しました。
正確には台北から スタート しているのですが
台北→左営 は新幹線で一気に南下したので省こうと思います。

高雄を出て最初の乗換駅として選んだのが台東駅で
台東駅は 1982 年に卑南駅として開設されました。
その後 1992 年の南廻線全通に伴い新台東駅へ改称となり
2001 年に台東駅となりました。

元の台東駅は市街地にありましたが
現在は市街地から外れた場所にあり
街を散策するには旧駅の方へ行く必要があります。
しかし徒歩で向かうには厳しく
それに次の電車まで 2 時間位だったので
今回は駅周辺を一回りしたあと
ベンチで駅弁を食べて引き上げました。

台東駅

台東駅台東駅DSC_7255


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ