吉野

五新線

五新線は JR 五條駅⇔新宮駅間を結ぶ路線として
1939 年に着工しました。

しかし太平洋戦争で工事が中断し
1959 年になって五條⇔城戸間の路盤が完成した為
バス 路線として先行開業し全線開通後に鉄道へ切り替える予定が
国鉄再建法の施工により採算が見込めないことから
計画が断念されました。

計画断念後も
2014 年9月30日 まで バス 路線は継続されましたが
同年 10月1日 に廃止されました。
画像は終点の城戸停留所周辺の物で
現在は五條市役所の駐車場となっています。

DSC_1289DSC_1287

吉野

青の交響曲

9月10日から運行を開始した
観光特急列車 "青の交響曲" は
実は南大阪線用の一般車両の 6200系 が
ベース となっています。

特急車両の 16000系 などを
ベース にする案もあったそうですが
実は特急車両は 2 両単位の偶数編成しか組めず
2 両編成ではゆったりとした空間を作るには狭く
4 両編成では過剰輸送になることから
一般車両を改造して 3 両編成となりました。

現在は 3 両 1 編成での運行となっており
吉野駅へ見に行った時は休日と言う事もあり
阿部野橋行の上り電車は満席となっていました。

DSC_1216DSC_1226


ラビットカー

吉野線開業 100 周年を記念して
特別塗装の 6020 系が運行されています。

この特別塗装は
かつて運行されていた ラビットカー の復刻塗装で
側面にある ウサギ を モチーフ にした "ラビットマーク" は
岡本太郎氏が デザイン したそうです。

今でも近鉄の特急は
オレンジ 色で塗装されていますが
ラビットカー の オレンジ は
オレンジバーミリオン と呼ばれる
より ビビット な オレンジ で塗装されています。

運行期間は設定されていませんが
運行から 4 年近く経過している事から
そろそろ消えそうな予感がします。

DSC_0491DSC_0496

サクラライナー

大阪阿倍野橋⇔吉野
で運行されている吉野特急は
1990 年に運行開始 25 周年を迎えた事から
現行型の 26000系(サクラライナー) が投入されました。

しかし 26000 系も
投入から 21 年が経過し
2011 年に 4 億円を掛けて リニューアル が実施され
より吉野の観光を意識した内外装へと生まれ変わりました。

吉野山の桜や宿坊は
国内だけでなく世界的な名所にもなっており
わざわざ専用の特急を走らせても充分採算が合うんでしょうね。
しかし運行距離を考えると
"しまかぜ" のような新型車両を導入する程でも無いのでしょう。

DSC_0487DSC_0493

千本桜

桜は開花宣言が出てから
10 日くらいで満開になると言われているので
吉野山の桜はどうかな〜と期待していたのですが
あと一歩と言う感じでした。

しかし満開になると
山上周辺は歩行者天国となり
また渋滞が予想される事から
やはり身軽な バイク で リベンジ しようと思います。

この
つぼみの感じも
これはこれで良いんですけどね〜

DSC03094DSC03109

観光特急

近鉄が "しまかぜ" に続いて
新しい観光特急を運行するそうです。
運行区間は阿部野橋〜吉野間で
週 6 日の運行が予定されています。

流石に "しまかぜ" のような新型車両・・・
と言う訳には行かず
現行の 6200 系の 3 両編成 1 本を改造し
デラックスシート や ラウンジ が設けられます。

また現行の車両を改造する為
費用が抑えられる事から
運賃も "しまかぜ" より抑えられています。
運賃+特急料金(大人510円)+特別車両料金(大人210円)

150910_kintetsu_01-600x312

大迫ダム

奈良県吉野郡に位置する大迫 ダム は
1954 年に着工し 1973 年に竣工しました。
大成建設が施工し
アーチ 式 コンクリートダム 形式が採用されています。

治水を目的としない多目的 ダム として
県内 11 市 14 町 1 村への上水道供給と共に
7400kW の水力発電も行っています。

この ダム の上流には
日本有数の降水量を誇る大台ケ原があり
豊かな水源となっています。

大迫ダム


大迫ダム大迫ダム大迫ダム大迫ダム大迫ダム大迫ダム


吉野ロープウェイ

吉野 ロープウェイ は
吉野鉄道の吉野駅が開業した翌年に
地元有志らによって開業し
今では日本最古の ロープウェイ として
機械遺産にも認定されています。

千本口〜吉野山間は
3 分程度で結ばれており
桜や紅葉の季節には
眼下に鮮やかな景色が広がるのですが
残念ながら初夏の曇り空だった為
その辺の山の景色と大して変わりません・・・。

吉野ロープウェイ

吉野ロープウェイ吉野ロープウェイ吉野ロープウェイ


吉野駅

吉野駅は
1928 年(昭和3年)に吉野鉄道の駅として開業し
翌年に大阪電気軌道と合併後
現在の近鉄吉野駅となりました。

開業当時から
金峯山寺や桜の名所として観光客で賑わい
山間にありなが
3 面 4 線の頭端式 ホーム を備える
ゆとりのある駅舎となっています。

ちなみに吉野線は
吉野線⇔南大阪線
間を相互乗り入れしており
軌道は 1067mm の狭軌が採用されています。

P1020098P1020108P1020103P1020092


津風呂ダム

先日
天気が良かったので
吉野郡吉野町にある津風呂 ダム まで行ってきました。

実は 20 年以上前に小学校の遠足で
ダム 湖の遊覧船に乗った記憶があるのですが
津風呂 ダム だったかは定かではありません。

しかし遠足で行ける範囲かつ
奈良県内のダム 湖で遊覧船に乗れる場所となると
ここしか無い様なので
恐らくここで間違い無いのだと思います。

P1020075

P1020062P1020068P1020059


郡山城

前回投稿した郡山城の動画が
YouTube の問題から
極端な横長動画になってしまい
今回新たに撮り直しました。

残念ながら
現在天守閣跡周辺は保全工事中で
対岸からの撮影となりましたが
何とか納得の出来る絵が撮れました。

ちなみに今年の桜めぐりは
これで三件目です。
来年は二条城辺りを巡りたいと思います。

P1000607


吉野口駅

吉野口駅は近鉄と JR の共同使用駅で
両社の間に中間改札は無く
同一 ホーム 上で乗換えが可能です。

1896 年に JR 和歌山線の全身である南和鉄道によって開業した同駅は
その後 1912 年に吉野軽便鉄道か開業し
共同使用駅となりました。

先に JR 側が開業したため
今でも駅名票などは JR 仕様で統一されています。
また木造の駅舎は
南和鉄道開業当時のまま使用されています。

P1050009


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ