名古屋線

鳥羽駅

1911 年に参宮線の終着駅として開業した鳥羽駅は
現在近鉄と JR 東海との共同使用駅となっています。

ホーム は 6 番線まであり
0~2 番を JR
3~6 番を近鉄が使用しています。

ちなみに 1 番出口の辺りは(画像上)
開業当初は砂浜だったそうです。

鳥羽駅鳥羽駅

桃園駅

桃園駅とは
台湾高速鉄道の・・・ではなく
1930 年に参宮急行電鉄の駅として開業した
近鉄の駅です。

01 年に津駅管轄の無人駅となり
07 年には PiTaPa が使用開始になしました。
しかし自動改札機は設置されておらず
IC 乗車券は簡易改札機での対応となっており
これは名古屋線唯一となっています。

しかし私鉄にも関わらず
01 年まで駅員がいた事に驚かされます。

DSC03677

DSC03686DSC03678DSC03681

DSC03687DSC03688DSC03680


近鉄 5200系

現在近鉄の 5200 系が
2250 系の復刻塗装で運行されています。
これは 近鉄 エリアキャンペーン の一環で
キャンペーン が終了した現在も
再塗装するなどして維持されています。

しかしこの仕様は 1 編成のみので
その上名古屋線で主に運行されており
大阪線ではなかなか貴重な存在と言えます。

また他の系統と併結で運行されており
向きによっては気付かない可能性もあります。

DSC02850-01

岐南駅

1914 年に境川駅として開業した同駅は
1980 年に現在の場所へ移転し
岐南駅に改称されました。

現在は普通のみ停車する無人駅ですが
2005 年までは一部の急行が停車していました。

駅構造は
通過線である 2 線をはさんだ
相対式 ホーム2 面 2 線式で
この退避型の構造は
新幹線駅と同じ構造です。

IMG_0691


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ