名阪国道

五月橋

五月橋は木曽川は名張川にあり
今回は三重の名張川の方を見てきました。

名阪国道の 五月橋IC の由来ともなっていますが
実は名阪国道に掛かっているのは新五月橋で
こっちが先に建設されました。

1927 年に着工し 1928 年に完成した五月橋は
中央部に プラットトラス
前後に ポニートラス を配した構造で
国道 25 号線に掛かる橋梁としては
最も古い部類に入ります。

五月橋

アクションカム

既に先日の鈴鹿 サーキット で使用したので
話題が前後するのですが
アクションカム を導入してみました。
しかし GoPro は敷居が高いので
いわゆる激安の中華 GoPro なんですけど
これだけ撮れれば十分ですね〜。

現状は カウル の スクリーン に自由雲台を共締めし
その上に マウント を固定する事で角度の調整を可能にしています。

レビュー では防水 ハウジング と本体の間に隙間があって
コトコト と音が鳴る・・・とあり
確かに コトコト と鳴ってはいるものの
私の場合 カウル が汎用品なので
メーター 類に干渉して コトコト 鳴っているようです。
また SD は 32GB までの対応になっていましたが
64GB でも認識しています。

Daping


関ドライブイン

1991年10月28日 に開業した名阪関 ドライブイン は
三重交通の関連会社である
三交興業が運営を行っています。
また北側には関 バスセンター が併設されています。

亀山 サービスエリア から近く
必要性に疑問を感じる反面
バスセンター が併設されている関係からか
1F のお土産売り場は バス の乗客でごった返していました。

しかし伊勢道を利用する場合
亀山 サービスエリア は利用できず
また伊賀 サービスエリア から
安濃 サービスエリア までは約 30Km あるので
やはり中間点である関 ドライブイン は必要って事になります。

関ドライブイン

プリマウインナー号

名阪国道の沿線に プリマハム 三重工場があり
その敷地に展示されているのが
プリマウインナー 号です。

プリマハム 号と標記される事もありますが
正式には プリマウインナー 号で
車体にもそう ペイント されています。

元々は資本提携している
米 オスカー・マイヤー 社が製作した
キャンペーン 用の車両で
それを譲り受けて プリマハム 仕様にしたのが
この プリマウインナー 号です。

なんでも守衛の方に事情を説明すれば
中まで入って撮影させてもらえるそうですが
側道からでも良く見えるので今回はそこから撮影しました。

プリマウインナー号

高峰サービスエリア

高峰 SA は
1965 年の名阪国道の開通に合わせて
共用が開始されました。

開通当初から上下線に設置されていましたが
2009 年に上り(亀山方面)側が閉鎖になり
現在は下り(松原・大阪市内方面)のみの営業となっています。

SA からは奈良盆地が一望出来る事から
夜景 スポット としてしられていますが
SA への入線はともかく
本線へ出口は加速車線が無い上に
Ωカーブ の急勾配の下り坂になっており
合流するのに冷や汗をかく必要があります。

DSC02990


上津ダム

針 テラス を超えて名古屋方面へ走っていると
左手に一瞬だけ見える ダム がずっと気になっていて
調べてみると山添 IC から近い事がわかり
ちょっと出掛けてみました。

ダム 湖はヘラ 鮒やワカサギ 釣りで有名らしく
この日も多数の釣り客の姿があったと同時に
県猟友会の害獣駆除が行われていたらしく
猟銃を持った ハンター の姿もありました。

ダム 本体は 1975 年着工で 2000 年竣工とあり
実際に本体工事が始まったのは 1995 年からなので
幼い頃の車窓の記憶に ダム が無いのは
当然だと思います。

DSC02002

DSC01999DSC02005DSC02001


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ