四日市

日永駅

四日市が起点の四日市あすなろう鉄道は
日永駅で内部線と八王子線に分岐しています。

日永駅は途中駅のように見えますが
実は八王子線の起点が日永駅となっているので
内部線に八王子線が接続していると表現した方が
正しいのかも知れません。

開設は 1912 年で
1922 年に日永 - 小古曽間の開通に伴い
分岐駅となりました。

日永駅


内部駅

四日市あすなろう鉄道の内部線は
起点の四日市駅から
終点の内部駅までの 5.7Km (8駅) の区間を結んでいます。

開業は 1922 年の三重鉄道時代まで遡る事ができ
その後 1965 年に近鉄と合併を経て
2015 年に現在の四日市あすなろう鉄道となりました。

現在は内部駅が終点となっていますが
開業当初は延伸計画があり実際に工事にも着手していたそうで
国道の下まで伸びる線路や中間駅のような駅構造も
それを物語っています。

内部駅

DSC_3886DSC_3908DSC_3915


四日市あすなろう鉄道

内部線が四日市あすなろう鉄道になったので
ちょっと覗いて来ました。
前回は 2013年4月13日 に訪れているので
その時の模様は記事を参照して下さい。

内部線/八王子線とは
近鉄が運営している特殊軌道の軽便鉄道で
2012 年の経営計画で BRT 化する事が発表されました。
しかし鉄道での存続を希望する四日市市との協議の結果
近鉄と共同運営する公有民営方式を取る事により
鉄道での存続が決定しました。 

その後 2015 年に公有民営方式に基き
四日市あすなろう鉄道が設立され
現在に至ります。

四日市あすなろう鉄道

四日市あすなろう鉄道四日市あすなろう鉄道四日市あすなろう鉄道


四日市駅

JR 東海の四日市駅は
1890 年に関西鉄道の駅として開業し
開業当初は関西鉄道線の終着駅でした。
その後国有化され関西本線の途中駅となりました。

駅の東側には コンテナヤード が広がり
また南側は伊勢鉄道と ホーム を供用しています。
伊勢鉄道の ホーム を見ると起点か終点に見えますが
実は伊勢鉄道の起点は四日市駅から二つ先の
河原田駅となっています。

所で近鉄にも四日市駅があり
伊勢電気鉄道時代には国鉄四日市駅と隣接していました。
しかし急曲線の解消に伴う路線変更により
今の場所へ移転となりました。

四日市駅


四日市駅四日市駅四日市駅


湯の山温泉駅

近鉄湯の山温泉駅は
近鉄四日市駅を起点とする
湯の山線の終点駅となっています。

元は 1914 年に四日市鉄道の湯ノ山駅として開業し
その後四日市鉄道は
三重交通や三重電気鉄道を経て
1965 年に近鉄吸収されました。

開業当時は 762mm の ナローゲージ だったのが
1435mm に変更され
名古屋線との乗入も可能となっています。
しかし名古屋線や大阪線への直通特急は
夏季限定の臨時扱いとなり
通常運行は廃止になりました。

P1020122

湯の山温泉湯の山温泉湯の山温泉


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ