夜景

フェスティバルタワー

2013年4月 に開業した フェスティバルタワー (東地区)は
フェスティバルホール の跡地に建設された オフィスビル で
フェスティバルホール は 2~7F に入居しています。

あまり知られていないのですが
13F の スカイロビー は平日限定で一般に無料開放されており
そこから夜景を見る事もできます。

ここは柵が低く アクリル の ガード も無いので
撮影しやすい場所だと思います。

フェスティバルタワーフェスティバルタワー


生駒ケーブル

生駒 ケーブル は1918 年に生駒鋼索鉄道によって
日本初の営業用 ケーブルカー として開業しました。
開業当初は 鳥居前⇔宝山寺 だったのが
大阪電気軌道と合併後に複線化され
宝山寺⇔山頂 が開業しました。

現在は
1号:宝山寺線 鳥居前⇔宝山寺
2号:山頂線  宝山寺⇔生駒山上
となっています。

沿線は マンション など住宅地となっており
ケーブルカー としては珍しく
途中駅が 2 つもあり踏切も設置されています。

DSC_2274DSC_2279

高峰サービスエリア

高峰 SA は
1965 年の名阪国道の開通に合わせて
共用が開始されました。

開通当初から上下線に設置されていましたが
2009 年に上り(亀山方面)側が閉鎖になり
現在は下り(松原・大阪市内方面)のみの営業となっています。

SA からは奈良盆地が一望出来る事から
夜景 スポット としてしられていますが
SA への入線はともかく
本線へ出口は加速車線が無い上に
Ωカーブ の急勾配の下り坂になっており
合流するのに冷や汗をかく必要があります。

DSC02990


九份

瑞芳駅から バス で 30 分くらいで着くのですが
現地の バス 停から少し離れており
一応 コンビニ の横に
"九份古い町" と言う看板の掛かった路地?があるので
事前に調べて行けばすぐに解るかと思います。

あの "千と千尋の・・・" と似ているお茶屋は
路地と言うか土産物街の先にあり
オフィシャル では否定しているものの
思いっ切り モチーフ になったと言う趣旨の案内が掲示してあり
これを信じてしまうのも無理は無いような気がします。

元々山手に広がった金鉱山で
天気の移り変わり早く雨が多いと聞いていたのですが
当日は運良く曇りで全部見て回ることが出来ました。
しかし台北市内は快晴だったことを考えると少し残念です。

"千と千尋の・・・" のお茶屋が A 級 スポット なら
B 級 スポット 的なのが "泥人呉" です。
なんでも店主が 30 年で 2500 個ものお面を作り
それを壁に飾ってあるだけなのですが
世界中の メディア から取り上げられるなど
知る人ぞ知る スポット となっています。
何でも 6000 円出せば自分の顔で オーダー 出来るとか・・・

DSC02627-01

DSC02595-01DSC02589-01DSC02592-01

DSC02596-01DSC02618-01DSC02617-01


台北101

2004 年に竣工した台北 101
文字通り地上 101 階建てで 2007 年までは
世界一の高さを誇っていました。

展望 フロア は 88 階からとなっており
フロア からは ビル の制振装置である
チューンドマスダンパー の巨大な鉄球を
見物する事が可能となっています。
同様の装置を設置した ビル は
トランプタワー や ランドマークタワー などがありますが
どれも内側に隠されており見物出来るのはここだけとなっています。

また下層の百貨店 フロア は
日本では考えられないような歪な形をしており
これを見るだけでも価値がありそうです。

DSC02520-01

台北101台北101台北101

台北101台北101台北101


瑞芳駅

1919 年に開業した台湾国有鉄道の瑞芳駅周辺は
九份で金脈が発見されるなど
周辺の鉱山への補給基地として栄えました。

一応駅の正面が バス 亭となっているのですが
残念ながら九份行きの バス はそこからは出ておらず
200m くらい離れた バス 停からの発着となっています。

駅には日本語が話せる観光 ガイド が居ることになっていますが
この時は姿は見えず九份行の バス が解らない日本人の姿が
散見されました。
いざとなれば現地の人に尋ねると教えてくれるので
後はその勇気があるか無いかですね〜。

DSC02584-01DSC02641-01DSC02583-01DSC02582-01


別府タワー

内藤多仲が設計した タワー 六兄弟の内
今回の別府 タワー で 4 本目となり
全制覇まで
さっぽろテレビ塔 / 博多ポートタワー
の 2 本に迫りました。

所で 全日本タワー協議会 なる団体が主催する
全国 20タワー を巡る スタンプラリー があるらしく
全部制覇すると
認定証と記念品が貰えるそうです。
もう少し早く知っていれば・・・。

ちなみにこの スタンプラリー
時代がちょっと古いので
スカイツリー 等は入っていません。

P1000538

P1000531P1000525IMG3


通天閣

行こう行こうと思いながら
結局行けてなかった通天閣へ
やっと登ることが出来ました。

正直 タワー なんてどれに登っても
基本的には同じで
問題はそこから見える景色です。
少し ガラス が汚れていたものの
ハルカス が全部収められると言う点は
非常に評価出来ました。

しかし 大阪=お笑い の イメージ を強調した演出は
個人的には過剰で付いて行けませんでした・・・。

P1000461P1000476





ヒルズ

六本木 ヒルズ 森 タワー は
六本木 6 丁目地区の再開発事業として スタート し
完成までに 17 年を要する巨大 プロジェクト でした。

その森 タワー も開業 10 年を迎え
商業 テナント の入れ替えなど
時代に合わせて変革が行われています。

所で六本木 ヒルズ と言えば
52 階の展望台や屋上の スカイデッキ などがありますが
今回は 52 階の展望台の動画と画像です。

DSC_3577DSC_3579DSC_3602


ミッドランドスクエア

ミッドランドスクエア の正式名称は
「豊田・毎日ビルディング」 というそうです。
その名の通り

・東和不動産
・トヨタ自動車
・毎日新聞社

の 3 社が共同所有しており
国内第 5 位の高さを誇っています。

この ミッドランドスクエア の最上階は
スカイプロムナード と言う名称の屋外展望台となっており
地上 230m からの眺めは圧巻です。

DSC_2805DSC_2791DSC_2777


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ