大人の超合金

大人の超合金

あの「大人の超合金」 シリーズ から
南極観測船宗谷が リリース される事になりました。
宗谷と言えば
昭和の奇跡と言われた第一次南極観測任務から使用され
現在は船の科学館の展示物として係留されています。

そんな宗谷を 1/250スケール で再現したのが
今回の製品です。
以前から プラモデル なども リリース されていますが
プラモデル は作り手の技術により完成度に大きな差が出るのに対し
超合金は塗装済の完成品なので
高い完成度を誰でも楽しむことが出来ます。

また単に飾るだけでなく
海面/氷海 プレート や ミニフィギュア が用意されており
砕氷時や接岸時を再現して飾ることも可能なっています。
アマゾン 価格は ¥40369 で
1月31日 の発売に向けて予約受付中です。

img02


大人の超合金

あの大人の超合金シリーズから
新幹線0系がリリースされます。

これまでにも
アポロのサターンロケットや
スペーシュシャトルなどリリースされて来ましたが
今回の0系は
シリーズ至上最も精巧な作りになっているそうです。

それはなぜか?
サターンロケットやスペースシャトルは
機密部分があり
細部まで再現することが不可能だったからです。
しかし0系は実物を元に
寸法取りが行えたことから
ほぼ実物通りの1/45モデルになったそうです。

発売は来年2月24日で
価格は・・・7万8750円・・・です。
このシリーズのコンセプトは
「こだわりの大人向けホビーアイテムのブランド」
なので価格を考えてはいけないのかも知れません。
アマゾンでは
若干安く買えるかと思います。

l_wk_110808shinkansen01l_wk_110808shinkansen15l_wk_110808shinkansen22l_wk_110808shinkansen06

はやぶさ

小惑星探査機「はやぶさ」が
地球へ帰還してもうすぐ1年になるそうです。
1年経った今でも
その話題は衰える事無く
20世紀フォックスや角川など数社から
映画化されることも決定しました。
正直に言えば
作り過ぎのような気もしますが・・・。

所で
あの「大人の超合金」シリーズからも
「はやぶさ」がリリースされます。
1/24スケールで
ソーラーパネルの展開やイオンエンジンの運転状態に加え
再突入カプセルまで分離可能という
凝りようです。

価格は2万4150円(定価)で
6月24日から発売されます。
ちなみアオシマからリリースされている「はやぶさ」は
1/32スケールで2940円(アマゾン価格)です。
まあ作るのに
それなりのテクニックが必要でけど・・・。

l_sk_hayabusa_01

大人の超合金

大人の超合金シリーズの第二弾
「スペースシャトル エンデバー号」が
12月3日に発売されます。

定価は47250円で
前回のアポロ同様精密モデルで
耐熱タイルの凸凹やロボットアーム、貨物室など
見た目だけでなくギミックも忠実に再現されています。
一見定価は高い様に思いますが
デアゴスティ〜ニと比べたら半額以下で収まり
手軽に精密模型を楽しみたいなら
これで十分かと思います。

また
エンデバーと言えば
日本人最初の宇宙飛行
士毛利衛さんが搭乗した
日本人には馴染みのある機材です。
メーカー側も
アポロ以上にファンがいると期待を寄せています。

1

大人の超合金

「大人の科学」が書店で人気を集めていますが
このたびバンダイより
「大人の超合金」シリーズがリリースされました。
シリーズとなっているので
今後ランナップが増えていくそうですが
今回は「アポロ11号&サターンV型ロケット」です。

1/144スケールいえば小さいように思うかも知れませんが
全高760mmもあるフルサイズです。
世界で最も忠実に実機を再現した超合金モデルを自負するだけあって
その重量感や精密感には衝撃を受けるはずです。
それはロケットとしての見た目の衝撃だけではなく
実機同様に9つのパーツで構成され
発射から帰還までの全工程を
再現することが可能となっています。
もちろん
月面着陸船や宇宙飛行士も付いているので
月面プレートを使って月面着陸シーンの再現も可能です。

大人の事情で
テクノマニアや超合金マニアだけでなく
部屋のインテリアとしても販売しているようです。
しかし
これを効果的に飾れる部屋や家は
並みの「大人」では難しいかもしれません・・・。

超合金
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ