大阪

阪神百貨店

2022年 の全面開業を目指し
現在建替え工事が行われている阪神百貨店梅田本店は
第一期工事が終了し 6月1日 に東側が開業しました。

西側も早々に取り壊しが始まりますが
まだ往年の姿を留めており
新旧の違いを見る事が出来ます。
今は東西に分かれていますが元は 1 つの ビル なので
分かれているのも今だけなんでしょうね。

動画は 2015年 に撮影した物と合わせてみました。
いずれは当時の姿を伝える貴重な動画になる気がします。

阪神百貨店阪神百貨店


大阪モーターサイクルショー

2 年振りに モーターサイクルショー へ出掛けた訳ですが
前回出掛けた事がきっかけで普通二輪を取得する事となり
今回は跨った時の足つきなどを チェック しました。

やはり普通二輪よりも
大型二輪を持っていれば選択肢が一気に増え
足つきが良い バイク も数多くある事から
振り返れば今回出掛けた事が
大型取得のきっかけに・・・なんて可能性も(笑)

まあ大型二輪も
普通二輪を持っていれば 12 時間の技能教習を受講した後
卒業検定に合格すれば取得可能で
また メーカー によっては車両を成約すれば
免許費用の キャッシュバック を用意している所もあるので
大型の敷居も高くはありません。

DSC03018

DSC03045DSC03054DSC03063

DSC03073DSC03077DSC03079


阪神百貨店

阪神百貨店の スナックパーク 閉鎖により
いよいよ建替えが実感として伝わって来ました。

工事は 2 期に分けて行われ
第 1 期は百貨店と阪急 ビル を統合した
低層階の複合 ビル の建設。
第 2 期は 190m の オフィスビル の建設となっています。

10 年後の竣工を目指して スタート した訳ですが
せっかくなので原型を留めている内に
記録動画を撮ってきました。
10 年後もこの ブログ が続いていたら
記事で比べてみたいと思います。

阪神百貨店



hanshin-tatekae-130317

体質改善工事

JR 西の 221 系は
まだまだ若手とは言え
登場から既に 25 年が経過しています。

最近ふと顔を見ると
シャープ になった印象を受けたので
調べてみると
どうやら体質改善工事が行われているようです。
その工事の一環で ヘッドライト が HID 化されて
内部が ブラックアウト になったことから
目力のある シャープ な顔つきになりました。

ちなみに 221 系は 474 両運用されており
全車両が工事対象となっています。

P1060087

トワイライトエクスプレス

大阪〜札幌間を結ぶ
日本一走行距離の長い寝台特急 トワイライトエクスプレス が
来年の春に廃止されることになりました。

運行開始から 20 年が経過し
車両の老朽化が目立って来たのが原因で
これにより
大阪を発着する寝台特急は全てなくなります・・・。

廃止の ニュース を聞き
早速大阪駅まで見に行くと
まだ 1 年近くあるにも関わらず
多くの ギャラリー の姿がありました。
今後廃止の日が近付くにつれて
この ギャラリー の数は倍々になって行くと思います。

空いている今が チャンス ではないでしょうか?

トワイライト-1

モーターサイクルショー2014

バイク屋の・・・と言いながら
バイク の話題が全く無かったので
"大阪モーターサイクルショー2014" へ出掛けてみました。

いわゆる モーターショー の バイク 版で
国内外の メーカー から カスタムバイク まで展示されており
その展示されている殆どの バイク に
実際に触れられると言うのは
モーターショー では中々無い新鮮な イベント でした。

こう言うのを見ると
原付二種から始めたくなりました(笑)

モーターサイクルショーモーターサイクルショーモーターサイクルショーモーターサイクルショーモーターサイクルショーモーターサイクルショーモーターサイクルショーモーターサイクルショーモーターサイクルショー

八尾空港

1933 年に阪神飛行学校として建設された滑走路は
一時米軍に接収され
1956 年に八尾飛行場として
全国初の民間飛行場となりました。

かつては日東航空の定期便も発着していましたが
現在は官公庁や一部の民間・個人に限られています。

空港自体は無料の駐車場があるだけで
管制塔がある ターミナル は
基本的に関係者以外立ち入り禁止です。
一応近隣の民間航空会社が遊覧飛行を行っていますが
近寄り難い雰囲気です・・・。

八尾空港八尾空港八尾空港八尾空港八尾空港八尾空港


交通科学博物館

交通科学博物館の大型 ジオラマ は
老朽化に伴い閉館後に解体処分される事になりました。
しかし所蔵する 250 両の車両は
京都鉄道博物館へ移設されるそうです。

ところで最近の巨大 ジオラマ は自動運転なのですが
同館の ジオラマ は 50 箇所ある ポイント など
すべて手動で行われていました。

やはり老朽化と同時にシステム的にも
最新の博物館には合わず
車両だけ移設するのが懸命な判断だと思います。

交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館交通科学博物館

交通科学博物館

1962 年に開館した "交通科学博物館" も
いよいよ閉館まで 1 ヶ月となりました。
閉館後は
2016 年に京都に出来る "鉄道博物館" に統合され
一部の展示品車両や資料も
移されるそうです。

埼玉や名古屋などに出来ている
同様の博物館と比べれば
"交通科学博物館" の規模は半分以下ですが
要点をまとめた コンパクト な展示は
短い時間で回り切れるので
これはこれで良かったのではないかと思います。

DSC_5881


師走の黒門市場

師走の黒門市場の様子です。

普段はどうか分かりませんが
かなり賑わっており
真っ直ぐ歩けない場所もありました。

全国で シャッター 商店街が増えている現状において
頑張っている商店街の一つではないでしょうか?
それは地理的要因なのか
何なのか分かりませんが
ショッピングモール とは一味違う活気がありました。


海遊館

デジタル一眼レフ で
魚の良い絵を撮ろうと海遊館まで行ってきました。
やはり コンデジ より CCD が大きいので
良い絵が撮れた・・・と言いたかったのですが
やはり薄暗い中での撮影と言うのは難しいですね。

コンデジ の場合
基本 オート なので
良くも悪くもそれなりに撮れるんですが
デジタル一眼レフ ではそうは行きませんでした・・・。

もう少し腕を磨いて リベンジ したいと思います。
言い訳として以前よりも照明の照度が落とされているような気がします(笑)

DSC_4393DSC_4249DSC_4305DSC_4318DSC_4372


8年後

2 枚の画像は
スカイビル の空中庭園から撮影した物で
偶然にも同じ構図で撮れています。

ちなみに
上が 2005年12月 に撮影した物で
下が 2013年6月 に撮影した物です。

約 8 年で見た目には大きな変化はありませんが
細かい所を見ると
間違い探しのように変化しています。

昔今

空中庭園

先日
久し振りに スカイビル の空中庭園へ行って来ました。
最後に行ったのは・・・ 10 年くらい前ですかね〜。

空中庭園からの風景は
大阪駅周辺で劇的に変化し
その他も前回撮影した物と比べると
細部が結構変わっていました。

この違いは次回 アップ したいと思います。

DSC_3790DSC_3842DSC_3845


グランフロント大阪

特に買う物は無かったんですが
南・北館 9 階の展望 エリア を メイン に
グランフロント 大阪を覗いてきました。

グランフロント 大阪は
大阪駅北の先行開発地区として開発された エリア で
今後梅田貨物駅も夏頃には取壊され
大阪駅北の風景が一変する予定となっています。

南・北館からも
すっかり片付いた貨物駅の全貌が確認でき
今しか見られないだけに
一見の価値はありそうです。

グランフロント


大阪オートメッセ2013

遅くなりましたが
「大阪オートメッセ2013」の画像を アップ します。

オートメッセオートメッセオートメッセオートメッセオートメッセオートメッセオートメッセオートメッセオートメッセオートメッセオートメッセオートメッセ

大阪オートメッセ 2013

今年も大阪 オートメッセ へ出かけました。

例年の傾向通り
VIPカー が大半を占めていましたが
それでも
86/BRZ の登場で
それを ベース にした カスタムカー も多数出展されており
今後発売される
スープラ や ビート 次第では
VIPカー 以外の カスタム が増えそうです。

所で規模の縮小ですが
今年はとうとう正面 ゲート が無くなりました・・・。
来年当たりは
ホール が減るのではないでしょうか・・・。



さんふらわあ

商船三井とフェリーさんふらわあが運用している「さんふらわあ」は
日本を代表するフェリーとなっていますが
1972年の就航当時は
豪華な内装やレストランを持つクルーズ船だったそうです。

現在日本各地の港から就航していますが
南港から就航しているのは
以下の通りとなっています。

・こばると
・あいぼり
・さつま
・きりしま
こばると/あいぼりは大阪⇔別府航路で
きりしま/さつまは大阪⇔鹿児島航路で使用されています。

ちなみに大阪⇔鹿児島航路の片道運賃で
もっとも豪華なデラックスでも31800円となっています。
「さんふらわあカード」の会員になると
30%OFFの特典割引が受けられましたが
残念ながら2011年末で入会手続きは終了したそうです・・・。

DSC_0166DSC_0172DSC_0157
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ