宇宙ステーション

ISS きぼう

ISS の "きぼう" の 1/1 模型ですが
確かに ISS では最大規模を誇ってはいるものの
ここに半年とか缶詰になる事を考えると・・・
やはり鋼の精神力でないと持たないですね。

模型ではれんも再現されていて
実はのれんの向こうは欧州や米国の実験棟となっいるので
この部分は モジュール の継ぎ目になっています。

壁一面に設備が設置されていますが
内壁と外壁の厚さは一番厚い部分でも 100mm と言う事で
南極の昭和基地で運用されている モジュール の方が
壁の厚みがありそうです。

きぼう


膨張型宇宙モジュール

宇宙 ステーション に接続される モジュール は
ロケット に積載出来る ギリギリ の大きさで設計され
それらを宇宙空間で数個接続することで
1 つの大きな ステーション として機能させています。

従って各 モジュール は
大きさに制限があり
1 つの ステーション を完成させる為には
何個も モジュール を打上げる必要があります。

しかし 2015 年秋に打上げが予定されている
膨張型宇宙 モジュール は
大きさの制限を打破る画期的な モジュール として期待されています。

そこで 膨張型宇宙 モジュール とは何のか?
要するに風船のような構造で
空気で膨らませることにより
ロケット 積載時より数倍の容積を持つ モジュール へ
展開することが可能となります。

また素材には ケブラー の 2 倍の強度がある ベクトラン が採用され
金属製の ISSモジュール よりも耐久性があると言われています。
2015 年に打上後 2 年間の試験運用が行われ
その結果次第では
膨張型宇宙 モジュール が標準となるのではないでしょうか。

16f69456
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ