展望台

羽豆岬

知多半島の最南端にある羽豆岬は
1600 万年前に砂岩と頁岩が交互に積層して出来たと言われています。

また三河湾国定公園に指定されており
羽豆神社もそれに含まれています。

去年は対岸の伊良湖まで出掛けたので
これで愛知の半島は制覇出来ました。
ただ住んでた時に行かなかった事が悔やまれます。

羽豆岬

朝熊山

1962 年に着工した伊勢志摩 スカイライン は
伊勢⇔鳥羽間を結ぶ延長 16.3Km の有料道路です。

かつては ケーブルカー や
定期 バス が運行されていましたが
現在は年末年始などに運行される臨時 バス のみとなっています。

標高 506m にある山頂展望台からは
鳥羽湾の リヤス 式海岸の他
条件が整えば富士山も見えるそうです。
奈良から日帰り ツーリング で出掛けるには
丁度良い距離だと思います。

朝熊山

朝熊山朝熊山朝熊山


ごまさんスカイタワー

高野龍神 スカイライン の中間点にある
道の駅ごまさん スカイタワー は
12月1日〜3月末 まで休業すると言う事なので
比較的気候が良いこの時期に出掛けてみました。

しかし奈良市内では
25〜6℃ あった気温も
現地に着くと 20℃ 前後で
ジャケット の下に着込む防寒 インナー を
持って行って正解でした。

展望台からは大峰山系が一望出来
休業間際の 11 月半ばには
HP に掲載されているような
紅葉が楽しめるそうです。
また龍神温泉まで出て
そこから十津川の方へ抜けられるので
来 シーズン は十津川川から一周してみたいですね〜。

ごまさんスカイタワー

ごまさんスカイタワーごまさんスカイタワーごまさんスカイタワー


潮岬

紀伊半島一周で忘れてはいけないのが
本州最南端になっている潮岬です。

台風情報でもお馴染みの場所で
最南端を示す碑や太平洋が一望できる潮岬 タワー もあり
また タワー の入場券は "本州最南端訪問証明書" も兼ねていて
裏面には スタンプ が押せるようになっています。

以前は奈良から出掛けると
片道 6 時間程度掛かっていたのが
最近は高速道路もすさみ町まで延伸し
片道 4 時間もあれば着くようになりました。
ただ対面通行で トンネル も多いので バイク 出掛ける場合は
その点を注意する必要があります。

DSC_0645

DSC_0639DSC_0670DSC_0672

DSC_0635DSC_0656DSC_0651


大名古屋ビルヂング

2016 年 3 月に開業した
大名古屋ビルヂング は 5 階部分に
名古屋駅前が一望できる スカイガーデン が設置されています。

この スカイガーデン は
初代大名古屋 ビルヂング の屋上部分にあるのかと思いきや
初代は 12 階建てだったので半分にも満たない訳ですが
しかし低層階部分は初代の頃を思い出させる デザイン となっています。

名古屋駅前は再開発中で
JPタワー の オープン も控えていますが
こっちは展望などは設置されていない様です。

大名古屋ビルヂング_1

大名古屋ビルヂング_2大名古屋ビルヂング_3大名古屋ビルヂング_4


台北101

2004 年に竣工した台北 101
文字通り地上 101 階建てで 2007 年までは
世界一の高さを誇っていました。

展望 フロア は 88 階からとなっており
フロア からは ビル の制振装置である
チューンドマスダンパー の巨大な鉄球を
見物する事が可能となっています。
同様の装置を設置した ビル は
トランプタワー や ランドマークタワー などがありますが
どれも内側に隠されており見物出来るのはここだけとなっています。

また下層の百貨店 フロア は
日本では考えられないような歪な形をしており
これを見るだけでも価値がありそうです。

DSC02520-01

台北101台北101台北101

台北101台北101台北101


別府タワー

内藤多仲が設計した タワー 六兄弟の内
今回の別府 タワー で 4 本目となり
全制覇まで
さっぽろテレビ塔 / 博多ポートタワー
の 2 本に迫りました。

所で 全日本タワー協議会 なる団体が主催する
全国 20タワー を巡る スタンプラリー があるらしく
全部制覇すると
認定証と記念品が貰えるそうです。
もう少し早く知っていれば・・・。

ちなみにこの スタンプラリー
時代がちょっと古いので
スカイツリー 等は入っていません。

P1000538

P1000531P1000525IMG3


通天閣

行こう行こうと思いながら
結局行けてなかった通天閣へ
やっと登ることが出来ました。

正直 タワー なんてどれに登っても
基本的には同じで
問題はそこから見える景色です。
少し ガラス が汚れていたものの
ハルカス が全部収められると言う点は
非常に評価出来ました。

しかし 大阪=お笑い の イメージ を強調した演出は
個人的には過剰で付いて行けませんでした・・・。

P1000461P1000476





あべのハルカス

なぜ高い料金を払って展望台へ登るのか?
やはりそれは
・道があるから走る・・・
・山があるから登る・・・
に通じる物があります。

さて
人出が落ち着いてきたので
ハルカス の展望台へ登ってきました。

当日は快晴だったものの
黄砂などの ガス の影響で遠くの景色はかすみ
夜景にすれば良かったと後悔しています・・・。

DSC_6730DSC_6713_01

8年後

2 枚の画像は
スカイビル の空中庭園から撮影した物で
偶然にも同じ構図で撮れています。

ちなみに
上が 2005年12月 に撮影した物で
下が 2013年6月 に撮影した物です。

約 8 年で見た目には大きな変化はありませんが
細かい所を見ると
間違い探しのように変化しています。

昔今

ヒルズ

六本木 ヒルズ 森 タワー は
六本木 6 丁目地区の再開発事業として スタート し
完成までに 17 年を要する巨大 プロジェクト でした。

その森 タワー も開業 10 年を迎え
商業 テナント の入れ替えなど
時代に合わせて変革が行われています。

所で六本木 ヒルズ と言えば
52 階の展望台や屋上の スカイデッキ などがありますが
今回は 52 階の展望台の動画と画像です。

DSC_3577DSC_3579DSC_3602


奈良県庁

奈良県庁の前を通りかかると
掲示板に屋上展望台の案内があったので
ちょっと行ってみました。

やはり奈良県では
1・2 を争う高い建物だけあり
盆地を一望できました。


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ