山陽新幹線

博多駅

九州を代表する博多駅は
2011 年に九州新幹線鹿児島 ルート の開業に合わせて
現在の複合商業 ビル の JR博多シティ となりました。

博多駅は山陽新幹線の終点で
起点の新大阪から 622.3Km の地点に位置している訳ですが
実は山陽新幹線で運行されている レールスター や 500 系は
運行本数の約半分は 岡山⇔博多 の運転となっています。

なので博多駅の新幹線 ホーム に居ると
レールスター が頻繁に入って来て
まだまだ現役な事を実感させられました。

DSC_8003

500系

シャアラピート の次は
エヴァ 新幹線が走るそうです。

500 系を ベース に
外装に初号機の ラッピング を施し
車内には エヴァ の コクピット や
ジオラマ を展示するそうです。

2015年11月7日〜2017年3月まで
新大阪⇔博多 間を 1 日 1 往復する予定となっています。
博多発 06:36 〜 新大阪着 11:14
新大阪発 11:32 〜 博多着 16:07

かつては 300km/h で東海道新幹線区間を走っていた 500 系も
8 両編成の "こだま" となり
いずれは消え行く運命をたどるんですね・・・。

961325


300系

東海道新幹線から引退すると
8両/4両編成と短縮され
山陽新幹線で運用されるのがこれまでの流れでした。
しかし来春引退する300系は
短縮されることなく16両編成のまま
東海道/山陽新幹線から引退すこととなります。

思えば
0系/100系の220km/hから
300系で270km/hへとスピードアップし
東京―新大阪間を2時間半で結んでいたのが
500系で300km/hとなり
N700系では傾斜装置を搭載することで
さらなる高速化を果たしました。

余談ですが
「のぞみ」が導入された当時は
早朝深夜の1往復だけの運行で
その後93年には毎時1本となったものの
97年のダイヤ改正まで
名古屋や京都を通過するなどの運行形態が取られていました。


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ