日本人が唯一所有する零戦の
国内での初飛行が成功に終わりました。
今回の飛行した機体は
70 年代に パプアニューギニア で回収された物で
その後 90 年代に ロシア の軍需工場で 8 割程度が新造され
エンジン が栄製から P&W 製に換装されました。

今回の飛行には資金的な課題以上に
米国籍の機体を日本国へ持ち込む際
"武器輸入" や "軍用機輸出" に当たる可能性がる事から
中古航空機として認証を受ける必要があり
その審査に膨大な手間が掛かったそうです。

当時の日本の技術の粋を集めて製造された零戦は
その技術の高さから戦後航空機産業の解体が徹底的に行われ
一切の製造を禁止する措置が取られました。
確かに戦闘機なので賛否はあるものの
物に罪は無い訳で技術遺産として動態保存する価値は
十分にあると思います。

content_b7dec7d83ea92a4378dfe3587a56635379334751