新型ヴィッツ

ヴィッツ 特別仕様車

現行型の ヴィッツ は
2017 年の フルモデルチェンジ で
1.0L の ターボエンジン の搭載が
予想されています。

その前に モデル 末期となる来年に リリース される
特別仕様車が発表されました。
見ての通り最近流行りの上下を塗り分けた外装で
キャビン の材質も一部変更されているそうです。

日本へ導入されるか未定ですが
こう言う ツートン は
欧州では人気なんですかね〜・・・

937200

新型ヴィッツ

ヴィッツが6年振りのフルモデルチェンジ受け
3代目へ移行しました。
モデルサイクルが短く感じたのは
古さを感じさせないデザインだったのか
それとも
初期型も頻繁に目にすることから
かなりの台数が売れているからなのか・・・。

今回のモデルは男性層も意識したシャープなデザインで
スポーツグレードのRSは
より男性層を意識した
張り出しのあるスポーツグリル&エアロバンパーを装備しています。

今回のフルモデルチェンジで
デザインも去ることながら
センターメーターが廃止されたことが一番の変化だと思います。
センターメーターが
いかに優れているかを解いていただけに
ヴィッツから廃止した意味は大きいのではないでしょうか?
まあ年寄りには
センターメーターが不評だったという意見も・・・。

15

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ