東京駅

新横浜駅

新横浜駅は東海道新幹線開業に伴い 1964 年に開業しました。
開業当初は "こだま" のみの停車駅で
"ひかり" が停車する様になったのは 1976 年からです。
しかし停車するとは言う物の 1 日 1 往復でした。

その後 "ひかり" は 1 日 3 往復となり
1 時間 2 本に拡大しました。

1992 年に "のぞみ" が新設されると
2000 年になってやっと
全ての "のぞみ" が停車する様になりました。

ちなみに起点の東京駅から 28.8Km の距離にあります。

新横浜駅


富士川駅

起点の東京駅から 150Km の地点にある富士川駅は
国府津駅ー静岡駅の開通に伴い
1889 年に岩淵駅として開業しました。
その後東海道本線所属となり
1970 年に駅所在地である俺原郡富士川町に合わせて
富士川駅へ改称されました。

富士川駅の周辺には新富士駅や富士川橋梁があり
新幹線から一番富士山が見える区間なので
この駅の ホーム の端からも富士山が見えるはずなんですが
前日は大雨だった影響で見る事が出来ませんでした・・・。

ちなみに "ふじがわ" だと思っていたんですが
"ふじかわ" だと言う事を駅に着いて知りました。

富士川駅

E6系

3月16日 の ダイヤ 改正から営業運転に投入された
秋田新幹線 「スーパーこまち」 を
東京駅で見てきました。

この車両の デザイン は
フェラーリ エンツォ を デザイン した奥山清行が監修し
E5 系との併結を考慮して
2013 年末からは 320Km/h での営業運転を予定しています。
しかし在来線区間も運行する ミニ 新幹線車両の為
在来線区間の最高時速は 130Km/h
に制限されています。

所で東海道新幹線や山陽新幹線より
上越新幹線や秋田新幹線は
車両の バリエーション が多くて面白いですね〜。
まあ興味の無い人からすれば
どれも単なる"新幹線"ですけど・・・。

DSC_3364


東京駅

2012年10月の完成を目指して行われている
東京駅丸の内口駅舎の復元工事は
いよいよ佳境に入って来たようです。

この復元工事は
2007年5月から始まっており
私が初めて東京駅へ行った時には
既に工事中で
これまで工事中の東京駅しか見たことありません・・・。

今回の復元工事は
1945年に焼失する前の3階建ての駅舎に復元する工事で
平行して基礎部分にオイルダンパーを設置するなど
免振工事も同時に行われています。

所で1896年に駅舎を施工したのは大林組で
現在の復元工事は鹿島建設が施工しています。
早く覆いを取った所が見たいですね。

東京駅
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ