桃園

中華航空

"てるみくらぶ" の破綻で
被害者の会が結成されるなど
まだまだ先は長い予感がします。

所で半年くらい前
トランスアジア 航空が解散したと言う話題が
あったのを覚えているでしょうか?
実はあの解散が 1〜2 週間遅ければ
チケット を取っている所でした。

まあ事業を引継いだ航空会社が
払戻や振替を行ったので日本国内では
"てるみくらぶ" 程の被害は聞いていませんが
それでも予約していた航空会社が事業を解散したとなると
かなり焦りますね特に現地だと・・・。

仕方ないので中華航空で往復取った訳ですが
まあ片道 3 時間程度なので LCC でなければ
どこでも同じと言えば同じなんですけど
ただ トランスアジア は
関空を 12 時頃に出る便があっただけに悔やまれます。

DSC_3133DSC_3135

伊勢中川駅

前回紹介した桃園駅の次の駅にあるのが
デルタ 線でお馴染みの伊勢中川駅です。

伊勢中川駅は
大阪線の終点であり
名古屋/山田線は起点になります。
つまり終点の名古屋駅は下りになる訳ですが
列車運行上は名古屋駅が起点となっています。

地図の説明をすると
撮影 ポイント から見て
左側が名古屋方面(名古屋線)
右側が大阪方面(大阪線)
伊勢中川駅から奥が賢島方面(山田線)となっています。

道があるので デルタ 線の中から撮っても良かったんですが
堤防からの撮影した動画が見当たらないので
あえてそこから撮ってみました。

伊勢中川


桃園駅

桃園駅とは
台湾高速鉄道の・・・ではなく
1930 年に参宮急行電鉄の駅として開業した
近鉄の駅です。

01 年に津駅管轄の無人駅となり
07 年には PiTaPa が使用開始になしました。
しかし自動改札機は設置されておらず
IC 乗車券は簡易改札機での対応となっており
これは名古屋線唯一となっています。

しかし私鉄にも関わらず
01 年まで駅員がいた事に驚かされます。

DSC03677

DSC03686DSC03678DSC03681

DSC03687DSC03688DSC03680


桃園駅

桃園駅とは三重県にある近鉄の駅・・・ではなく
07 年に開業した台湾高速鉄道の駅で
桃園空港から シャトルバス で 20 分の所にあります。
現在 "空港⇔駅" 間の地下鉄整備が進められており
開業は未定ながら試験走行が行われています。

しかし新幹線とは言え運賃が安く
今回乗車した "桃園→台北" 間は 640 円でした。
まだ利用者が少なく値段を下げて空席率を抑えているそうですが
3 日間乗り放題の パス でも 8600 円なので
非常にお買い得です。

今回は 20 分程度しか乗車しなかったので
次回は台北から終点の左営まで乗りたいですね〜。

DSC02505-01

DSC02499-01DSC02503-01DSC02497-01


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ