橿原

柏原駅

兵庫県の柏原駅・・・ではなく
大阪府の柏原駅は JR と近鉄が乗入れる共同使用駅で
大阪鉄道の駅として 1889 年に開業しました。

その後
関西鉄道を経て国鉄になり
現在に至ります。
近鉄側は河陽鉄道の駅として 1889 年に開業しました。

現在の駅舎は二代目で
2008 年に完成しました。

柏原駅-1柏原駅-2

新ノ口連絡線

ミニ 新幹線と称されるほど運行距離が長い近鉄は
例えば 京都→賢島 の場合
以下の 6 路線に渡って運行されています。
京都線→橿原線→大阪線→山田線→鳥羽線→志摩線

路線図上では
橿原線と大阪線は大和八木駅で合流していますが
実は一駅手前の新ノ口駅の先に
橿原線⇔大阪線 の連絡線があり
大和八木駅の手前で合流しています。

また大和八木駅にはもう 1 本連絡線があり
こちらは一駅向こうの八木西口の手前から伸びています。

新ノ口


西田原本駅

以前田原本駅と西田原本駅の間には
民家などがありましたが
今ではすっかり整備され
駅間を見渡せるようになりました。

西田原本駅は
西田原本 ― 新王寺 を走る田原本線の起点駅で
前進は1918年に開業した大和鉄道です。
開業当時は狭軌(1067mm)でしたが
戦後
他社線との規格統一の為に電化され標準軌(1435mm)へ回軌されました。
その後
信貴生駒電鉄と合併し
1964年の近鉄と信貴生駒電鉄の合併後に
田原本駅が西田原本駅となりました。

一見独立した線に思われますが
橿原線への連絡線が設けられ
そこから車両の出入りが行えます。
また橿原線(田原本駅) ― 西田原本駅 間の乗り換え運賃は通算となります。






訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ