橿原線

八木西口

八木西口駅は大阪電気軌道の
平端駅 → 橿原神宮前駅の開通に伴い
1923 年に開業しました。

開業当初は八木駅となっていましたが
後に大阪線が桜井まで開通し大阪線上に八木駅が移動した事から
八木西口駅となりました。

大和八木駅と八木西口は 500m くらい離れていますが
同一構内と言う扱いで運賃も八木駅発着と同一と言う
特例措置が取られています。

橿原線と大阪線は連絡線で繋がっていて
1 つは新ノ口にあり
もう 1 つが八木西口にあります。
また新ノ口と八木西口も線路は繋がっていて
直通運転することも可能です。

DSC_7675

大和西大寺

この ブログ で何度も登場する
近鉄大和西大寺駅は
奈良線/京都線/橿原線 が合流する
複雑な分岐が密かな人気となっています。

大和西大寺駅は 1914 年に
大阪電気軌道の 奈良⇔上本町 間の中間駅として開業し
後に京都線や橿原線の開通
隣接する車両基地との接続で現在の様な複雑な形となりました。

乗入れ路線で言えば
新宿駅など巨大な ターミナル もありますが
しかし 1 日平均 特急147本/その他730本
もの列車を ポイント 操作だけでさばくのは
唯一の存在ではないでしょうか?

kintetsu-saidaiji-map

西田原本駅

以前田原本駅と西田原本駅の間には
民家などがありましたが
今ではすっかり整備され
駅間を見渡せるようになりました。

西田原本駅は
西田原本 ― 新王寺 を走る田原本線の起点駅で
前進は1918年に開業した大和鉄道です。
開業当時は狭軌(1067mm)でしたが
戦後
他社線との規格統一の為に電化され標準軌(1435mm)へ回軌されました。
その後
信貴生駒電鉄と合併し
1964年の近鉄と信貴生駒電鉄の合併後に
田原本駅が西田原本駅となりました。

一見独立した線に思われますが
橿原線への連絡線が設けられ
そこから車両の出入りが行えます。
また橿原線(田原本駅) ― 西田原本駅 間の乗り換え運賃は通算となります。






訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ