浜名湖

新浜松駅

遠州鉄道の新浜松駅は
1927 年に旭町駅として開業し
1953 年に現在の新浜松駅に改称されました。

その後
再開発事業に伴い高架化され
1985 に現在の駅舎となりました。

所で 30 形車両は
画像のモハ25-クハ85 の 1 編成のみとなっており
更に定期運用を終了し予備車となっている事から
完全に無くなる日も近いと思います。

新浜松駅


新所原駅

1936 年に開業した新所原駅は
1987 年の国鉄民営化に伴い JR 東海の駅となり
それと同時に二保線が第三 セクター の
天竜浜名湖鉄道に転換されました。

駅舎は天竜浜名湖鉄道の直営駅で
駅舎と鰻屋が一緒になっています。
いや・・・一緒になっていると言うよりも
鰻屋の方が大きい気がします。

この鰻屋は国産 ウナギ を使用しているらしく
一番安いウナギ弁当でも 1300 円しますけど
これを買って車内で食べてると
"浜名湖まで来たな〜" と言う気持ちになれます。

新所原駅

新所原駅新所原駅新所原駅

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ