淡水

淡水

淡水線の終点である淡水駅は
起点の台北から 21.2Km の地点に位置しています。
淡水駅の由来は淡水河から来ており
淡水河は台湾三大河川の 1 つで
日本統治時代には大型船舶も航行可能だったそうです。

現在は漁港や公園になっていて
屋台が立ち並ぶ淡水老街がるなど
景勝地となっています。
淡水と言えば魚のつみれ スープ (魚丸湯) が名物で
つみれの中に肉そぼろが入っています。

私が食べたのは コンソメ 風味の スープ に
薬味が入っていたので魚のすり身が苦手な人でも
臭みが消えていて食べれると思います。

DSC_7408

DSC_7404DSC_7420DSC_7424


士林駅

士林駅は 日本統治時代の 1901 年に開業し
1988 年に廃止されるまで台鉄淡水線の駅として
営業していました。

その後 1997 年に
台北捷運が運営する淡水線が開業し
中世記念堂駅⇔淡水駅の途中駅の 1 つとして
再び士林駅が開業しました。

士林駅なので
あの士林夜市の最寄り駅だと勘違いしがちですが
実は夜市の方は劍潭(ジエンタン)駅が最寄り駅となっています。

ちなみに士林駅は故宮博物院の最寄り駅で
駅前の バス 停から博物院行きの バス が出ており
大体 10 分くらいで着きます。

DSC_3127
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ