直流

EF66

EF66 型電気機関車は
国鉄が 1968〜74 年まで
日本貨物が 1984〜91 年まで製作した
直流電気機関車で合計で 89 両製作されました。

京都鉄道博物館に展示されている車両は
JR 貨物から譲渡された 35 号機で
国鉄民営化時に譲渡された 73 両の内の 1 両です。

JR 西日本にも 40〜55 号車の 16 両譲渡され
主に寝台列車の牽引に使用されて来ましたが
2009 年の ダイヤ 改正で定期運行を終了し
2010 年には所属車両は消滅しました。

EF66


百済貨物 ターミナル駅

百済貨物 ターミナル は梅田貨物駅の廃止に伴い
2006 年度から再整備が行われ
2013 年に百済駅から百済貨物 ターミナル 駅に改称されました。

この改修に伴い
構内の直流電化が実施された他
160m の歩道橋も整備されました。

またこの歩道橋からは構内が一望でき
撮影 スポット としては面白いのですが・・・
動画を観ると分かるように
電気機関車が奥にあるので
何だかな〜って感じです。

DSC_6209


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ