第二次大戦

KR200 / イセッタ300

前回の 3ホイラー の続きで言うと
この 2 台もそれに当てはまります。
赤い方が メッサーシュミット の KR200 で
水色の方は BMWイセッタ300 です。

航空機 メーカー だった メッサ―シュミット は
第二次大戦後に航空機の製造が禁止された為
航空機の ノウハウ を活かして自動車分野に進出した訳ですが
結局は販売が振るわず 1964 年に撤退しました。

イセッタ300 は
元は イタリア の イソ 社が生産していた イソッタ を
BMW が ライセンス 生産した車両で
モデル 末期には通常の 4 輪仕様の 600 が登場するなど
モデル 全体で 16 万台生産され
本家の イソッタ よりも認知度が高くなっています。

この 3 台の共通点は
全部 バイク 用の エンジン が流用されている事で
当時は価格を抑えた小型車と言う設定だったようです。

DSC_6787

浮きドック

ドックと言えば港などに建設された
乾ドックを指すそうで
私もその乾ドックしか思い浮かびませんでした。

しかし世の中には浮きドックなる物が存在するそうです。

浮きドックとほ
俗にフローティングドックとも呼ばれ
ドックを水に沈め船舶が入った後排水を行い
ドックを浮上させることで
乾ドックと同じ作業を行う設備です。
中にはエンジンを搭載し
自身で航行出来る物もあるそうです。

また第二次大戦中は
小規模な工場を持つ工作艦と共に運用され
遠隔地の艦船などの応急修理に用いられていました。

こう言う巨大な構造物は
何でもそそられますね〜。

img_1956


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ