羽田

タイ国際航空

まだまだ旅客機として
747-400 を運用している所は多いものの
定期で日本へ乗り入れている所は 2〜3 社くらいだと思います。

タイ 国際航空も 747 を乗り入れている数少ない航空会社で
2018 年現在でも 10 機保有していますが
しかし順次退役が進み 2020 年には全機退役する予定が発表されました。

画像の機体は HS-TGB で 2001年6月 登録と比較的新しい機体とは言え
2020 年まで運用すると 20 年選手になるので
きっちり メンテナンス をしていても
経年劣化に伴う サービス の低下は避けられないでしょうね。

HS-TGB

羽田 ANA機体メンテナンスセンター (続)

ANAの許可が取れたので画像をアップしたいと思います。
今回ドッグ入りしていたのは
B-767 ×2機
B-737 ×1機
B-777 ×1機
でした。

767はデッキから眺めるだけでしたが
737、777については
下まで降りて間近で見ることが出来ました。
ちなみに今回は
4機もドッグ入りしていましたが
全く無い時もあるそうです・・・。

コクピットの画像は
91年まで使用されていたトライスターのフライトシュミレータで
現在はロビーに展示され
自由に触ることが出来ます。
カップホルダーの上に灰皿がある所が
歴史を感じます。
これと同じものが
機長・副操縦士側にもありました。
現在では考えられませんね〜。

使用機材:Nikon D5000

767737_777777





777_ENトライスターパイロットトライスター航空機関士





737
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ