観光

熱海城

地下 1 階 地上 6 階の熱海城は
1959 年に海抜 100m の錦ヶ浦山頂に建設されました。

天守を模した建物なので
かつて存在したかの様に思われますが
実は歴史的に実在した物では無く
展望台として建設されました。

当初は地下に温泉施設があったり
宿泊施設があったりしたそうですが
天守のみとなっています。

熱海城熱海城

二条城

大政奉還が行われて今年で 150 周年となり
その判断は正しかったのかどうか
個人的な考えとしては
第二次大戦までの日本の発展を見れば
正しかったのではないかと思います。

その大政奉還が行われた二条城は
西暦で言うと 1603 年に築城されているので
築 400 年と言った所でしょうか。

流石に全部残っている訳では無いのですが
単に古いと言うだけで無く
歴史的にも世界遺産にふさわしい建物だと思います。

二条城二条城

故宮博物院

台北観光で外せないのが
中正記念堂と故宮博物院と言う事なので
中正記念堂は前回出掛けたので
今回は故宮博物院へ出掛けました。

故宮博物院と言えば
あの翡翠の白菜です。
大して大きくは無いのですが
原石から一刀彫でこの グラデーション を出しているので
当時の技術力の高さが伺知れます。

所で故宮博物院は
全部見るのに 5 年掛かるとも言われていますが
実は企画展で小出にしているので
奈良の正倉院展に近い感じです。
今回は酉年にちなんだ企画展も行われており
つまり干支は十二支あるので全部見るには
それだけで十二年掛かる計算になります・・・。

故宮博物院は北京にもありますが
文化大革命で多数の文化財が破壊された経緯があるので
収蔵品の質や量は台北が圧倒しているそうです。

故宮博物院

故宮博物院故宮博物院故宮博物院


中正記念堂

1980 年に竣工した中正記念堂は
蒋介石の本名である "中正" から来ているそうです。
また中正記念堂は 本堂/音楽堂/劇場 の 3 棟で構成されており
本堂では 1 時間に 1 回憲兵隊の交代式が行われます。
この交代式は台湾観光で外せない見どころの一つで
本堂以外の 2 箇所でも同時刻に行われており
1 日あれば全部見て回れると思います。

そして本堂の 1 階は資料館となっており
かつて常任理事国だった頃の貴重な資料が
多数展示さています。
また各展示室には学芸員の方がいるので
カメラ を渡すと気軽に撮影にも応じてくれます。

台北駅から徒歩で記念堂まで向かうと
途中に総統府など日本統治時代の建物が多数見られるので
時間があって晴れていれば徒歩で向かう事をお勧めします。

DSC02745-01

DSC02794-01DSC02796-01DSC02793-01

DSC02797-01DSC02798-01DSC02800-01

DSC02804-01DSC02823-01DSC02829-01

DSC02819-01DSC02813-01DSC02832-01


台北101

2004 年に竣工した台北 101
文字通り地上 101 階建てで 2007 年までは
世界一の高さを誇っていました。

展望 フロア は 88 階からとなっており
フロア からは ビル の制振装置である
チューンドマスダンパー の巨大な鉄球を
見物する事が可能となっています。
同様の装置を設置した ビル は
トランプタワー や ランドマークタワー などがありますが
どれも内側に隠されており見物出来るのはここだけとなっています。

また下層の百貨店 フロア は
日本では考えられないような歪な形をしており
これを見るだけでも価値がありそうです。

DSC02520-01

台北101台北101台北101

台北101台北101台北101


猴硐駅

猴硐駅周辺は日本統治時代から石炭の採掘が行われており
炭鉱の坑道や柱を食い荒らす ネズミ を駆除する為に
猫が飼われていました。
その猫が鉱山の閉鎖に伴い野良猫化し
現在では 100 匹以上が生息していると言われています。

最近の世界的な猫 ブーム の影響で
この猴硐の猫村にも世界中から観光客が押し寄せている事から
急 ピッチ で観光地化が進められており
2~3 年前と比べると風景が一変しているそうです。

猴硐を検索すると "ネコの楽園" として ヒット しますが
どちらかと言うと "ネコの楽園" ではなく "ネコ好きの楽園" の方が
正しいのかも知れません。

DSC02711-01

DSC02644-01DSC02714-01DSC02716-01

DSC02692-01DSC02694-01DSC02702-01

DSC02666DSC02676-01DSC02688-01


JR奈良駅

2015年12月31日の JR 奈良駅の様子です。

公官庁も休みで
その上午前中とあって
いつもより人通りが少ないように感じました。

明日は初詣などで
三条通も賑わうんでしょうね〜。

奈良駅3


観光特急

近鉄が "しまかぜ" に続いて
新しい観光特急を運行するそうです。
運行区間は阿部野橋〜吉野間で
週 6 日の運行が予定されています。

流石に "しまかぜ" のような新型車両・・・
と言う訳には行かず
現行の 6200 系の 3 両編成 1 本を改造し
デラックスシート や ラウンジ が設けられます。

また現行の車両を改造する為
費用が抑えられる事から
運賃も "しまかぜ" より抑えられています。
運賃+特急料金(大人510円)+特別車両料金(大人210円)

150910_kintetsu_01-600x312

吉野ロープウェイ

吉野 ロープウェイ は
吉野鉄道の吉野駅が開業した翌年に
地元有志らによって開業し
今では日本最古の ロープウェイ として
機械遺産にも認定されています。

千本口〜吉野山間は
3 分程度で結ばれており
桜や紅葉の季節には
眼下に鮮やかな景色が広がるのですが
残念ながら初夏の曇り空だった為
その辺の山の景色と大して変わりません・・・。

吉野ロープウェイ

吉野ロープウェイ吉野ロープウェイ吉野ロープウェイ


熊本駅

5〜6 年振りに熊本まで来たんですけど
JR が高架になってたり市電の駅に屋根が付いてたりと
まるで浦島太郎状態でした。

現時点で大きく変わったのは
駅周辺ですけど
今後は交通 センター 移転など
更に風景が変わる事が予想されます。

今回の熊本滞在は
4 時間程度と非常に短かったものの
熊本城の桜などが見られたので
まあ良しとしましょう。

P1000543


さんふらわあ

南港へ行くたびに
見送っていた さんふらわあ に乗船する事が出来ました。
今回乗船したのは 南港→別府 間で
約 12 時間の船旅です。

今時船旅・・・ですが
宿泊料+交通費 と考えれば割安です。
利用した部屋は デラックスシングル で
海上 ホテル と呼ばれているだけあって
シャワー や トイレ まで装備されており
一般的な ビジネスホテル と考えて良いと思います。

最近は往復乗船する
"弾丸フェリー" などと宣伝されていますが
流石に復路は時間の都合で
新幹線を選択しました。

P1000492

DSC01381DSC01376P1000503P1000505image (1)image (3)


通天閣

言われてみれば
通天閣は何か改修してるな〜と思っていたら
免震改修の真っ最中で
2015年6月 に完成するそうです。

今回の改修は土台部分を中心に行われ
オイルダンパー と積層 ゴム を設置し
それらを梁で結ぶ工法が使用されています。
この工法により
タワー 上部は現在の姿が維持でき
文化財としての価値を損なわないそうです。

画像は 2006 年頃に撮影した通天閣です。

P1000774
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ