賢島

伊勢志摩サミット

オバマ 大統領の広島訪問で
幕を閉じた伊勢志摩 サミット ですが
雨が降らなかったのも
警備上有利に働いたのかも知れません。

所で伊勢志摩 サミット の記念切手が発行されていました。
たまたま郵便局で見掛けたので
衝動買いしてしまったのですが
記念切手 コレクション も楽しいですね。

しかしこう言う切手 シート は
B5 の クリアファイル に入れて保管する物なんですかね?
切手と言う性質上
裏側は糊になっており
保管状況が悪いとくっ付きそうなので
取り敢えず郵便局で貰った袋に入れて保管しています。

DSC03745

伊勢中川駅

前回紹介した桃園駅の次の駅にあるのが
デルタ 線でお馴染みの伊勢中川駅です。

伊勢中川駅は
大阪線の終点であり
名古屋/山田線は起点になります。
つまり終点の名古屋駅は下りになる訳ですが
列車運行上は名古屋駅が起点となっています。

地図の説明をすると
撮影 ポイント から見て
左側が名古屋方面(名古屋線)
右側が大阪方面(大阪線)
伊勢中川駅から奥が賢島方面(山田線)となっています。

道があるので デルタ 線の中から撮っても良かったんですが
堤防からの撮影した動画が見当たらないので
あえてそこから撮ってみました。

伊勢中川


大王崎

三重県志摩市大王町波切にある大王崎は
熊野灘と遠州灘を分ける岬で
暗礁・岩礁が多く
航海の難所として知られています。

1927年(昭和2年) に大王埼灯台が完成し
300 万 カンデラ の光度で
大王崎の北東にある大王岩を照らし
付近を航行する船舶に注意を促しています。

また全国に 14 ある 参観灯台の 1 つでもあります。

大王崎

大王崎大王崎大王崎


賢島駅

志摩線の終点である賢島駅は
志摩電気鉄道の
鳥羽〜真珠港 間の中間駅として
1929年(昭和4年) に開業しました。

その後
1964年(昭和44年) に
賢島〜真珠港 間が廃止となり
1970年(昭和45年) には狭軌から標準軌に改軌され
大阪や名古屋方面からの特急の直通運転が
開始されました。

志摩観光の拠点としての イメージ が定着していますが
普通電車も 1 時間に 2 本運転されており
地域輸送も担っています。

P1030427


近鉄名古屋

近鉄名古屋駅は 1938 年に
関西急行鉄道の東の拠点として開業しました。
開業当時地下に
3 線 3 面の規模を持つ拠点駅は珍しく
大いに賑わったそうです。

その後
1940 年に関西急行鉄道が参宮急行電鉄合併し
更に 1944 年の戦時合併により近畿日本鉄道が成立し
近鉄の名古屋駅となりました。

現在では駅構内も 4 面 5 線に増設され
大阪・奈良・伊勢方面への特急も頻繁に発着する事から
開業当時以上の賑わいを見せています。

P1030388


しまかぜ

観光特急 "しまかぜ" は
難波/名古屋/京都発の3 路線 3 編成が
運行されています。

その内
京都⇔賢島 路線に投入されている編成は
京都へ到着後回送運転されて
西大寺車庫で始発まで留置されます。

今回はたまたまだったのかも知れませんが
屋内に留置されており
夜間にも関わらず何とか撮影する事が出来ました。

P1000368

宇治山田駅

1931 年に開業した宇治山田駅は
登録有形文化財や中部の駅百選に指定されるなど
昭和初期の名建築として評価されています。

ホーム は 3 階部分に位置し
1・2 番線の横には
かつて定期観光 バス が乗入れていた スロープ が
隣接しています。

また 2 階部分には貴賓室が設けられており
貴賓客や総理大臣の伊勢神宮参拝の際の乗降駅となっています。

P1000005

P1000011P1000016P1000023


しまかぜ

難波/名古屋 に続いて京都からも
"しまかぜ" の定期運転が開始されました。

目的地はいずれも賢島で
10:00 と 17:38 に京都駅へ行けば見る事が出来ます。

見るばかりでなく
一度は乗らないと駄目ですね〜

DSC00970




しまかぜ

21 日から新型特急 「しまかぜ」(50000系) の運行が始まったので
大和八木駅まで見に行ってきました。

白地に水色の車体は
「あおぞら」 に通じる物を感じたものの
しかし車両 コンセプト は全く異なり
多く人を運ぶことが目的ではなく
座席数を通常特急の半分に減らし
乗客本位の スタイル となっています。

現在は 6 両編成 2 本で
それぞれの路線で 1 日 1 往復しています。
( 大阪難波 ⇔ 賢島  近鉄名古屋 ⇔ 賢島 )


しまかぜ

来年 3 月 21 日から運行が開始される「しまかぜ」が
正式に発表されました。
大阪難波・近鉄名古屋 ⇔ 賢島
間に2編成(1編成6両)導入される予定となっています。

開放的な先頭車両も去ることながら
本革を使用した シート は
新幹線の グリーン 車より幅が広く
個室に至っては和・洋の2種類から選べ
和風の方は掘りこたつ式となっています。

また 2 階建車両も連結され
カフェ 席では松坂牛や伊勢海老など
沿線の名産が味わえるとか。

今回の新型車量導入 コスト は
37 億円と発表され
これは従来の特急の 1.5 倍(1両辺り)だそうです。
豪華な車両を導入するのも良いんですが
個人的には
現在運行中の旧型車両の置換えを
優先してやって欲しいと思います。

しまなみ
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ