近畿日本鉄道

近鉄 5200系

現在近鉄の 5200 系が
2250 系の復刻塗装で運行されています。
これは 近鉄 エリアキャンペーン の一環で
キャンペーン が終了した現在も
再塗装するなどして維持されています。

しかしこの仕様は 1 編成のみので
その上名古屋線で主に運行されており
大阪線ではなかなか貴重な存在と言えます。

また他の系統と併結で運行されており
向きによっては気付かない可能性もあります。

DSC02850-01

しまかぜ

来年 3 月 21 日から運行が開始される「しまかぜ」が
正式に発表されました。
大阪難波・近鉄名古屋 ⇔ 賢島
間に2編成(1編成6両)導入される予定となっています。

開放的な先頭車両も去ることながら
本革を使用した シート は
新幹線の グリーン 車より幅が広く
個室に至っては和・洋の2種類から選べ
和風の方は掘りこたつ式となっています。

また 2 階建車両も連結され
カフェ 席では松坂牛や伊勢海老など
沿線の名産が味わえるとか。

今回の新型車量導入 コスト は
37 億円と発表され
これは従来の特急の 1.5 倍(1両辺り)だそうです。
豪華な車両を導入するのも良いんですが
個人的には
現在運行中の旧型車両の置換えを
優先してやって欲しいと思います。

しまなみ

恩智川

近鉄東花園駅と言えば東花園検車区ですが
そこではなく
検車区のすぐ脇を流れる恩智川の桜並木を見に行って来ました。

この桜並木は
東花園〜瓢箪山間にあり
車窓から見る度に「一回行ってみたい・・・」と思いつつ早10年・・・
やっと行く事が出来ました。



DSC_0109DSC_0134DSC_0123

きんてつ鉄道まつり 2011

それぞれの実演とダイジェスト版をアップしました。
以前買ったワイコンのお陰で
車両が切れずに撮影できました。

あくまでも車庫のイベントで
子供向けの展示もあり
子供も多数来ていましたが
40tクレーンやマルチプルタイダンパーの実演など
大人でも楽しめるイベントだと思います。

2日限定のイベントでしたが
昨今人気の「大人の工場見学」に通じる物を感じました。

DSC_0013DSC_0003DSC_00233







きんてつ鉄道まつり 2011

五位堂検修車庫で行われた
「きんてつ鉄道まつり2011」へ行って来ました。
このイベント
日程が合わなかったり雨だったりで
結局6〜7年越しの参加となりました。

今回のイベントの目玉と言えば
40tクレーンの実演です。
このクレーンは台車から車体を分離するのに使用され
10t以上ある車体を軽々と持上げます。

外では
マルチプルタイダンパーの実演も行われ
普段見る事の出来ない保線の様子も
解説付きで見ることが出来ました。
今回使用されたマルチプルタイダンパーは
オーストリア製だそうです。

実演の様子は
YouTubeへアップした後
こっちへも載せたいと思います。

DSC_0100DSC_0097DSC_0090DSC_0085DSC_0054DSC_0044DSC_0040DSC_0025DSC_0021

京都市交通局竹田車両基地 (続)

29日の京都市営地下鉄竹田車両基地では
車両の洗車体験に参加しました。
その時の模様+会場の様子を7分強の動画にまとめてみました。

動画では分かりにくいのですが
土砂降りの雨です。
外を移動する時はデジカメの動画機能を
屋内ではDVカメラ使用し
編集で繋ぎました。


京都市交通局竹田車両基地

大雨の中
京都市交通局竹田車両基地まで行ってきました。
今年は
京都市営地下鉄が開業して30年目に当たる年で
記念イベントとして
オークションなどが行われていました。
公式発表では
悪天候にもかかわらず
来場者数が1万2000人だったそうです。

所で鉄道の車庫は
かれこれ5年来行きたかったスポットで
やっと念願が叶った訳ですが
残念ながら静展示が主で
ボディーを吊上げるなどの動展示を期待しただけに
少し物足りない物でした。
それでも
鉄道博物館にあるような
退役した車両ではなく
現役の車両を間近で見られる数少ない機会であり
今回は行けて良かったと思います。

次回は10月に行われる
五位堂検修車庫のイベントに参加する予定です。
ある意味
この五位堂こそが5年来行きたかったスポットで
今年こそは行こうと思います。
なにせ車両を吊上げるなど
迫力の動展示が目白押しですから(笑)

P1020541P1020473P1020420

P1020454P1020512P1020460

P1020513P1020521P1020522

P1020533P1020451

P1020431P1020430P1020457

西田原本駅

以前田原本駅と西田原本駅の間には
民家などがありましたが
今ではすっかり整備され
駅間を見渡せるようになりました。

西田原本駅は
西田原本 ― 新王寺 を走る田原本線の起点駅で
前進は1918年に開業した大和鉄道です。
開業当時は狭軌(1067mm)でしたが
戦後
他社線との規格統一の為に電化され標準軌(1435mm)へ回軌されました。
その後
信貴生駒電鉄と合併し
1964年の近鉄と信貴生駒電鉄の合併後に
田原本駅が西田原本駅となりました。

一見独立した線に思われますが
橿原線への連絡線が設けられ
そこから車両の出入りが行えます。
また橿原線(田原本駅) ― 西田原本駅 間の乗り換え運賃は通算となります。






近鉄 ファミリー公園前駅 ( Family Koemmae Station )

近鉄の橿原線にあるファミリー公園前駅です。
基本無人駅で
トラブルが発生した場合は
次の平端駅から駅員が派遣されてきます。

何でも
この駅を平端駅から管理するシステムは
近鉄が独自に開発システムで
ADSL回線により
券売機・精算機・改札機等の制御が行われています。

駅の南側にある引込線は
保線車両を留置する横取線です。
以前は駅のすぐ下まで伸びていたようで
鉄橋の一部などが残っています。
また1945年まで
日本法隆寺駅 - 平端駅間を結ぶ
天理軽便鉄道の路線が走っており
今でもその名残を見つけることができます。


郡山城 ( Koriyama Castle )

郡山城のダイジェスト映像です。
近くにありながら
今年初めて行った訳ですが
石垣や堀などがしっかり残っていて驚きました。

てっきりしょぼい城跡に
桜を植えて名所にしているのかと思っていました・・・。

見に行くなら来週一杯が見頃だと思います。
桜祭りなる屋台も既に撤収されているので
ゆっくり桜を見ることが出来ます。

使用機材:Panasonic HDC-TM30

大和西大寺

奈良県は雪が少なく
平地で積もるのは年に1〜2回程度です。

昨日は珍しく
昼を過ぎても積もっていたので
雪の大和西大寺の良い映像が撮れました。

オートメッセの動画・画像は現在編集中なので
こちらをお楽しみ下さい(笑)

大和西大寺

大和西大寺駅は
・奈良線
・京都線
・橿原線
が結節する要衝で
路線がX字型に交わる列車密度の高い駅です。
2009年には2Fコンコースが増床され
駅ナカショッピングモールの「Time's Place Saidaiji」が
運営されています。

また駅の南東には西大寺検車区
俗に言う西大寺車庫があり
近鉄の中では最大級の規模を誇り
収容車両数は277両にも上ります。
動画は
その車庫への入線と出線の様子です。

阪神電車との相互乗入が行われるようになり
阪神電車の車両も
一夜留置されています。

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ