近畿車両

新型特急

近鉄が 2020 年春に新型特急車両を
難波―名古屋 間に投入する事を発表しました。

新型は赤を基調とした外装に
車内は "しまかぜ" と同様の ハイデッカー 構造で
戦闘車両は全面展望を取り入れるなど
今流行りの車両となっています。
製造は近畿車両が担当し
14 編成 72 両製造する予定となっています。

会見では アーバンライナー が降格になる事も発表されており
そうなると汎用特急の 12233F 系などが
順次廃車になると言う事なんでしょうね。
しかし アーバンライナー には
アーバンライナーnext が 2 編成 12 両あり
こっちは降格にならずに維持されるんでしょうね。

キ

323系

大阪環状線 リニューアル の一環で
2016 年から導入が始まった 323 系は
2018 年までに 168 両が納入される予定となっています。

車両の製造は
近畿車両と川崎重工が担当し
近畿車両の車両から納入が始まりました。
2017 年現在大阪環状線のみの運用で
大和路線などへは入っていません。

今後更に導入が進めば
大和路線直通の区間快速での運用も始まるでしょうね。

20171214_大正駅
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ