近鉄

阿下喜駅

特殊軌道と呼ばれる軌間 762mm の ナローゲージ は
軽便鉄道として日本各地で運行されていましたが
しかし現在は三岐鉄道や四日市さすなろう鉄道など
片手で数えるほどになってしまいました。

この阿下喜駅は三重県にある三岐鉄道北勢線の終着駅で
1931 年に北勢鉄道駅として開業しました。
そのご三重交通や近鉄を経て
2003 年に三岐鉄道の駅となりました。

北勢線は西桑名駅が起点で
阿下喜駅までの 20.4Km で営業運転を行っています。

阿下喜駅

阿下喜駅阿下喜駅阿下喜駅


近鉄八田駅

以前紹介した JR 八田駅に
ほぼ隣接している近鉄八田駅は
1938 年に関急八田駅として開業しました。

その後 1944 年に近鉄の駅となり現在に至ります。

JR 八田駅と同様に 2002 年に高架化され
それに伴い駅舎が名古屋駅方向へ 200m 移動しました。

DSC_4138



JR八田駅

名古屋市の八田町には
近鉄八田 / JR 八田 / 地下鉄八田があります。
それぞれ独立していますが 200m 以内に固まっています。

しかし関西本線の スタンプ 集めが メイン なので
まずは JR の方を紹介します。

JR 八田駅は
1918 年に八田信号所として開設され
1928 年に駅へ昇格し八田駅となりました。
現在の高架駅は 2002 年に開業し
地上駅だった旧駅舎より
500m 名古屋方向へ移動しました。

DSC_4144

名古屋駅

JR 名古屋駅の地下から リニア が発着する計画になっているので
地上でも駅の方々で工事が始まっています。

その リニア に合わせてか
名鉄と近鉄も駅 ビル の建替え案を発表しており
その完成予想図を見ると
まるで シンガポール の マリーナベイサンズ みたいな代物が
描かれていました。

実際に計画通りに建て替えが進むめば
大阪駅を例に出すと最低でも 5 年は工事が続くので
まだ始まっていない今のうちに
今の状態の動画を撮っておきました。
いずれこの動画は
懐かしい動画になるんでしょうね〜。

名古屋駅

鈴鹿市駅

三重県内に "鈴鹿" が付く駅は
・鈴鹿サーキット稲生
・鈴鹿
・鈴鹿市
以上の 3 つあります。
そして今回は鈴鹿市駅を見て来ました。

鈴鹿市駅は 1925 年に
伊勢鉄道神戸支線の伊勢神戸駅として開業し
1963 年の平田町駅延伸と同時に
鈴鹿市駅へ改称されました。

鈴鹿線が平田町駅まで延伸する前は
鈴鹿市駅が終点で
現在 ロータリー となっている場所に
旧駅舎があったそうです。

DSC_4125DSC_4115


日永駅

四日市が起点の四日市あすなろう鉄道は
日永駅で内部線と八王子線に分岐しています。

日永駅は途中駅のように見えますが
実は八王子線の起点が日永駅となっているので
内部線に八王子線が接続していると表現した方が
正しいのかも知れません。

開設は 1912 年で
1922 年に日永 - 小古曽間の開通に伴い
分岐駅となりました。

日永駅


内部駅

四日市あすなろう鉄道の内部線は
起点の四日市駅から
終点の内部駅までの 5.7Km (8駅) の区間を結んでいます。

開業は 1922 年の三重鉄道時代まで遡る事ができ
その後 1965 年に近鉄と合併を経て
2015 年に現在の四日市あすなろう鉄道となりました。

現在は内部駅が終点となっていますが
開業当初は延伸計画があり実際に工事にも着手していたそうで
国道の下まで伸びる線路や中間駅のような駅構造も
それを物語っています。

内部駅

DSC_3886DSC_3908DSC_3915


学研奈良登美ヶ丘駅

2006 年に開業した学研奈良登美ヶ丘駅は
近鉄けいはんな線の終点で
起点の長田駅から 18.8Km の距離に位置しています。

けいはんな線は 1986 年に
長田駅ー生駒駅間を運行する東大阪線として開業し
2006 年の学研奈良登美ヶ丘駅までの延伸に伴い
けいはんな線へと改称しました。

けいはんな線は新祝園又は高の原まで延伸する計画があり
学研奈良登美ヶ丘駅の ホーム の末端部からも
延伸の可能性が伺えます。

学研登美ヶ丘駅学研登美ヶ丘駅学研登美ヶ丘駅

名古屋駅

2027 年 の リニア 名古屋駅開業に向けて
JPタワー や大名古屋 ビルヂング の開業など
名古屋駅周辺の再開発が熱くなっています。

しかしそれらが
小物に見えてしまう計画が持ち上がっています。
それは名鉄や近鉄の駅 ビル が
1 つの ビル に統合されると言う物です。
名鉄は ビル の建設に合わせて
ホーム も現在の 2 倍に拡張する事まで発表しており
計画の実現の可能性が高いと思います。

発表された ビル の完成予想図を見ると
南北に 400m
建物の一番高い所で 180m となっていて
あの マリーナベイ・サンズ が名古屋に出来る様な
イメージ を思い浮かべています。

PK2017033002100018_size0

河内長野駅

河内長野駅は駅としては
1898 年に高野鉄道の長野駅として開業しました。
その後合併を繰り返し
1947 年に近鉄と南海の近鉄の共同駅となりました。

かつては両社間の行き来は可能で
線路も繋がっていたそうですが
1947 年には完全に分離されました。

南海は更に極楽橋まで続いていますが
近鉄はここが終着駅となっていす。

河内長野駅

河内長野駅河内長野駅河内長野駅


四日市あすなろう鉄道

内部線が四日市あすなろう鉄道になったので
ちょっと覗いて来ました。
前回は 2013年4月13日 に訪れているので
その時の模様は記事を参照して下さい。

内部線/八王子線とは
近鉄が運営している特殊軌道の軽便鉄道で
2012 年の経営計画で BRT 化する事が発表されました。
しかし鉄道での存続を希望する四日市市との協議の結果
近鉄と共同運営する公有民営方式を取る事により
鉄道での存続が決定しました。 

その後 2015 年に公有民営方式に基き
四日市あすなろう鉄道が設立され
現在に至ります。

四日市あすなろう鉄道

四日市あすなろう鉄道四日市あすなろう鉄道四日市あすなろう鉄道


信貴山口駅

信貴山口駅は
大阪電気軌道の信貴線と信貴山電鉄鋼索線の
共同使用駅として 1930 年に開業しました。

その後 1944 年の戦時統合により
信貴山電鉄は近鉄 グループ に入り
現在に至ります。

信貴線の起点は信貴山口駅となっていますが
実は開業当初は枚岡駅まで延伸する計画となっていました。
しかし 1937 年に計画は中止となり
現在の形になりました。

信貴山口駅

信貴山口駅信貴山口駅信貴山口駅


鳥羽駅

1911 年に参宮線の終着駅として開業した鳥羽駅は
現在近鉄と JR 東海との共同使用駅となっています。

ホーム は 6 番線まであり
0~2 番を JR
3~6 番を近鉄が使用しています。

ちなみに 1 番出口の辺りは(画像上)
開業当初は砂浜だったそうです。

鳥羽駅鳥羽駅

赤目四十八滝

赤目四十八滝は上流から下流まで
およそ 4Km の間に
大小合わせて四十八の滝があります。

しかし見どころは赤目五瀑と呼ばれる
5 つの大きな滝で
各滝には スタンプ を押す チェックポイント が
用意されています。

滝だけでなく
これからの季節は紅葉も楽しめると言う事なので
もう一度出掛けてみようと思います。

赤目

赤目赤目赤目


柏原駅

兵庫県の柏原駅・・・ではなく
大阪府の柏原駅は JR と近鉄が乗入れる共同使用駅で
大阪鉄道の駅として 1889 年に開業しました。

その後
関西鉄道を経て国鉄になり
現在に至ります。
近鉄側は河陽鉄道の駅として 1889 年に開業しました。

現在の駅舎は二代目で
2008 年に完成しました。

柏原駅-1柏原駅-2

青の交響曲

9月10日から運行を開始した
観光特急列車 "青の交響曲" は
実は南大阪線用の一般車両の 6200系 が
ベース となっています。

特急車両の 16000系 などを
ベース にする案もあったそうですが
実は特急車両は 2 両単位の偶数編成しか組めず
2 両編成ではゆったりとした空間を作るには狭く
4 両編成では過剰輸送になることから
一般車両を改造して 3 両編成となりました。

現在は 3 両 1 編成での運行となっており
吉野駅へ見に行った時は休日と言う事もあり
阿部野橋行の上り電車は満席となっていました。

DSC_1216DSC_1226


MICHIMO

近鉄橿原神宮前駅に
日産の見慣れない電気自動車が止まってるな〜と思ったら
飛鳥や橿原で レンタルEV を展開している
MICHIMO の電気自動車でした。

これは
どこで鍵を受け取るのかと思ったら
しっかりと駅構内に受付 カウンター が設置されていました。
確か飛鳥や橿原神宮前駅周辺に レンタカー の営業所は無く
値段も 2 人乗りと言うことを考えると若干割高になりますが
その分燃料費が掛からないので相殺できると思います。

しかし橿原/高取/飛鳥 の一部でしか
走行が認められておらず
今後の規制緩和が利用者増や
普及に繋がるのではないかと思います。

DSC_0915

DSC_0919

ビスタカー

ビスタカー も新塗装が順次投入されており
記憶に留めておこう記事にしてみました。

新塗装は以前紹介したので省きますけど
同じ車両でも カラーリング が変わると
新型車両みたいに感じます。

まだ見慣れないので少し違和感もありますが
慣れてくれば気にならなくなるのでしょう。
しかし物心付いた時からこの カラーリング だったので
無くなるのは寂しいですけど
これも時代の流れ何でしょうね〜・・・。

DSC_0877

ラビットカー

吉野線開業 100 周年を記念して
特別塗装の 6020 系が運行されています。

この特別塗装は
かつて運行されていた ラビットカー の復刻塗装で
側面にある ウサギ を モチーフ にした "ラビットマーク" は
岡本太郎氏が デザイン したそうです。

今でも近鉄の特急は
オレンジ 色で塗装されていますが
ラビットカー の オレンジ は
オレンジバーミリオン と呼ばれる
より ビビット な オレンジ で塗装されています。

運行期間は設定されていませんが
運行から 4 年近く経過している事から
そろそろ消えそうな予感がします。

DSC_0491DSC_0496

サクラライナー

大阪阿倍野橋⇔吉野
で運行されている吉野特急は
1990 年に運行開始 25 周年を迎えた事から
現行型の 26000系(サクラライナー) が投入されました。

しかし 26000 系も
投入から 21 年が経過し
2011 年に 4 億円を掛けて リニューアル が実施され
より吉野の観光を意識した内外装へと生まれ変わりました。

吉野山の桜や宿坊は
国内だけでなく世界的な名所にもなっており
わざわざ専用の特急を走らせても充分採算が合うんでしょうね。
しかし運行距離を考えると
"しまかぜ" のような新型車両を導入する程でも無いのでしょう。

DSC_0487DSC_0493

伊勢志摩サミット

オバマ 大統領の広島訪問で
幕を閉じた伊勢志摩 サミット ですが
雨が降らなかったのも
警備上有利に働いたのかも知れません。

所で伊勢志摩 サミット の記念切手が発行されていました。
たまたま郵便局で見掛けたので
衝動買いしてしまったのですが
記念切手 コレクション も楽しいですね。

しかしこう言う切手 シート は
B5 の クリアファイル に入れて保管する物なんですかね?
切手と言う性質上
裏側は糊になっており
保管状況が悪いとくっ付きそうなので
取り敢えず郵便局で貰った袋に入れて保管しています。

DSC03745

桃園駅

桃園駅とは
台湾高速鉄道の・・・ではなく
1930 年に参宮急行電鉄の駅として開業した
近鉄の駅です。

01 年に津駅管轄の無人駅となり
07 年には PiTaPa が使用開始になしました。
しかし自動改札機は設置されておらず
IC 乗車券は簡易改札機での対応となっており
これは名古屋線唯一となっています。

しかし私鉄にも関わらず
01 年まで駅員がいた事に驚かされます。

DSC03677

DSC03686DSC03678DSC03681

DSC03687DSC03688DSC03680


名張駅

名張駅は 1930 年に参宮急行電鉄の名張駅として開業し
その後関西急行鉄道経て
1944 年に現在の近鉄名張駅となりました。

駅舎は西と東に分かれており
西側の駅舎は
1930 年の開業当時の姿を留めています。

また駅の北側には名張車庫があり
ホーム の端から様子を伺うことができます。

P1050007

P1050004P1050024P1050021


新塗装

先日 "楽" を彷彿させる ACE を目撃したので
サミット 関連の特別塗装かと思いきや
現在近鉄特急の塗装の変更が行われているそうです。

今回の変更は 57 年ぶりで
22000 系 ACE から順次実施されているそうです。

見慣れた車両でも
塗装が変わると印象が大きく変わる反面
見慣れた塗装が姿を消すので
今のうちに ビスタカー などの旧塗装の写真を撮っておこうと
思います。

P1050017

近鉄 5200系

現在近鉄の 5200 系が
2250 系の復刻塗装で運行されています。
これは 近鉄 エリアキャンペーン の一環で
キャンペーン が終了した現在も
再塗装するなどして維持されています。

しかしこの仕様は 1 編成のみので
その上名古屋線で主に運行されており
大阪線ではなかなか貴重な存在と言えます。

また他の系統と併結で運行されており
向きによっては気付かない可能性もあります。

DSC02850-01

石切神社

石切には
近鉄側の石切駅と
京阪奈新線側の新石切駅があります。

両方とも石切剣箭神社に由来するもので
どちらで降りても距離は変わらないと思います。
しかし近鉄側には
神社の入り口まで商店街になっており
風情を楽しむなら近鉄側をお勧めします。

所でこの石切神社は
腫れ物の神様としても親しまれており
本殿前から百度石の間を行き来する
百度参りが全国的に知られています。

DSC02405


榊原温泉口駅

近鉄の榊原温泉口駅は
1930 年 11 月 19 日に参宮急行電鉄の佐田駅として開業し
そのご大阪電気軌道の合併を経て
1965 年 3 月18 日に榊原温泉口駅に改称されました。

駅名の通り
温泉街への最寄り駅なっていますが
バス で 15 分ほど掛かり
徒歩で温泉街まで行くには困難だと思います。

榊原温泉は日本三大名泉の一つに数えられているものの
良い感じに寂れており
穴場 スポット として楽しむのも良いかも知れません。

DSC01987

DSC01980DSC01988DSC01981


高安山駅

西信貴鋼索線は
信貴山口駅から高安山駅を結ぶ ケーブルカー 路線で
高安山駅が終点となっています。

1930 年に信貴山電鉄によって開業した同路線は
高安山駅を起点に更に信貴山門駅まで伸びていました。
しかも複線化されており
その軌道跡は現在バス 路線となっています。
また高安山駅の正面には ホーム 跡も残されています。

こんな山奥に
しかも平坦線用の車両が走っていたなんて
軌道跡から ロマン を感じますね。
また 高安山⇔信貴山門 間の廃線後は
山から降ろされて伊賀線を走っていたそうです。

DSC01729

DSC01723高安山駅高安山駅

高安山駅高安山駅高安山駅


観光特急

近鉄が "しまかぜ" に続いて
新しい観光特急を運行するそうです。
運行区間は阿部野橋〜吉野間で
週 6 日の運行が予定されています。

流石に "しまかぜ" のような新型車両・・・
と言う訳には行かず
現行の 6200 系の 3 両編成 1 本を改造し
デラックスシート や ラウンジ が設けられます。

また現行の車両を改造する為
費用が抑えられる事から
運賃も "しまかぜ" より抑えられています。
運賃+特急料金(大人510円)+特別車両料金(大人210円)

150910_kintetsu_01-600x312

賢島駅

志摩線の終点である賢島駅は
志摩電気鉄道の
鳥羽〜真珠港 間の中間駅として
1929年(昭和4年) に開業しました。

その後
1964年(昭和44年) に
賢島〜真珠港 間が廃止となり
1970年(昭和45年) には狭軌から標準軌に改軌され
大阪や名古屋方面からの特急の直通運転が
開始されました。

志摩観光の拠点としての イメージ が定着していますが
普通電車も 1 時間に 2 本運転されており
地域輸送も担っています。

P1030427


鈴鹿8耐

今年で 37 回目を迎える
"鈴鹿 8 時間耐久 ロードレース" は
ヤマハ の 19 年振りの優勝で幕を閉じました。

最近は第三次 2 輪 ブーム とも言われ
今回の観客動員数も 12 万人と言う活況を呈していましたが
しかし今回の ブーム は中高年が中心と数字から
このまま行けば 4 輪以上に
厳しい世界が待っていると思います。

また 8 耐に限らず 2 輪 4 輪のレース は
地上波では全く放送されず
レース 結果ですら報じられない現状では
ジリ 貧になるのも仕方ないと思います。
かつては ル・マン や F1 も
地上波で放送されていたので
あの時代が懐かしいですね〜。

P1020444

8耐8耐8耐P1020592P1020745P1020768P1030242P1030315P1030345


湯の山温泉駅

近鉄湯の山温泉駅は
近鉄四日市駅を起点とする
湯の山線の終点駅となっています。

元は 1914 年に四日市鉄道の湯ノ山駅として開業し
その後四日市鉄道は
三重交通や三重電気鉄道を経て
1965 年に近鉄吸収されました。

開業当時は 762mm の ナローゲージ だったのが
1435mm に変更され
名古屋線との乗入も可能となっています。
しかし名古屋線や大阪線への直通特急は
夏季限定の臨時扱いとなり
通常運行は廃止になりました。

P1020122

湯の山温泉湯の山温泉湯の山温泉


大和西大寺

この ブログ で何度も登場する
近鉄大和西大寺駅は
奈良線/京都線/橿原線 が合流する
複雑な分岐が密かな人気となっています。

大和西大寺駅は 1914 年に
大阪電気軌道の 奈良⇔上本町 間の中間駅として開業し
後に京都線や橿原線の開通
隣接する車両基地との接続で現在の様な複雑な形となりました。

乗入れ路線で言えば
新宿駅など巨大な ターミナル もありますが
しかし 1 日平均 特急147本/その他730本
もの列車を ポイント 操作だけでさばくのは
唯一の存在ではないでしょうか?

kintetsu-saidaiji-map

吉野ロープウェイ

吉野 ロープウェイ は
吉野鉄道の吉野駅が開業した翌年に
地元有志らによって開業し
今では日本最古の ロープウェイ として
機械遺産にも認定されています。

千本口〜吉野山間は
3 分程度で結ばれており
桜や紅葉の季節には
眼下に鮮やかな景色が広がるのですが
残念ながら初夏の曇り空だった為
その辺の山の景色と大して変わりません・・・。

吉野ロープウェイ

吉野ロープウェイ吉野ロープウェイ吉野ロープウェイ


吉野駅

吉野駅は
1928 年(昭和3年)に吉野鉄道の駅として開業し
翌年に大阪電気軌道と合併後
現在の近鉄吉野駅となりました。

開業当時から
金峯山寺や桜の名所として観光客で賑わい
山間にありなが
3 面 4 線の頭端式 ホーム を備える
ゆとりのある駅舎となっています。

ちなみに吉野線は
吉野線⇔南大阪線
間を相互乗り入れしており
軌道は 1067mm の狭軌が採用されています。

P1020098P1020108P1020103P1020092


長谷寺駅

近鉄大阪線の長谷寺駅は
1929 年(昭和4年) に開業し
長谷寺参拝の玄関駅となっています。

ちなみに長谷寺までは
徒歩で・・・20〜30 分は掛かると思います。

また
かつて駅の西側に
初瀬線の初瀬駅があったものの
1938 年に廃線となり
今では軌道跡すら探すのが困難となっています。

長谷寺

長谷寺長谷寺長谷寺




新ノ口連絡線

ミニ 新幹線と称されるほど運行距離が長い近鉄は
例えば 京都→賢島 の場合
以下の 6 路線に渡って運行されています。
京都線→橿原線→大阪線→山田線→鳥羽線→志摩線

路線図上では
橿原線と大阪線は大和八木駅で合流していますが
実は一駅手前の新ノ口駅の先に
橿原線⇔大阪線 の連絡線があり
大和八木駅の手前で合流しています。

また大和八木駅にはもう 1 本連絡線があり
こちらは一駅向こうの八木西口の手前から伸びています。

新ノ口


伊勢神宮

日本人として一生に一度は
行くべき場所の一つだと考えている
伊勢神宮へ初詣も兼ねて出掛けました。

事あるごとに前は何度も通ってるんですが
中まで入って参拝したのは
今回が初めてです。

昨年は式年遷宮等で話題になっていましたが
出掛けた日は比較的空いており
隣接する無料駐車場も
70% 程度の稼働率でした。

今回は外宮のみの参拝だったんですが
おかげ横丁は内宮側だと言うことを知らなったので
結局内宮側へも行く事になりました・・・。

DSC01332DSC01338DSC01346




しまかぜ

観光特急 "しまかぜ" は
難波/名古屋/京都発の3 路線 3 編成が
運行されています。

その内
京都⇔賢島 路線に投入されている編成は
京都へ到着後回送運転されて
西大寺車庫で始発まで留置されます。

今回はたまたまだったのかも知れませんが
屋内に留置されており
夜間にも関わらず何とか撮影する事が出来ました。

P1000368

宇治山田駅

1931 年に開業した宇治山田駅は
登録有形文化財や中部の駅百選に指定されるなど
昭和初期の名建築として評価されています。

ホーム は 3 階部分に位置し
1・2 番線の横には
かつて定期観光 バス が乗入れていた スロープ が
隣接しています。

また 2 階部分には貴賓室が設けられており
貴賓客や総理大臣の伊勢神宮参拝の際の乗降駅となっています。

P1000005

P1000011P1000016P1000023


しまかぜ

難波/名古屋 に続いて京都からも
"しまかぜ" の定期運転が開始されました。

目的地はいずれも賢島で
10:00 と 17:38 に京都駅へ行けば見る事が出来ます。

見るばかりでなく
一度は乗らないと駄目ですね〜

DSC00970




夫婦岩

日本の 3 大がっかり観光地は
1位:高知のはりまやばし
2位:札幌の時計台
3位:オランダ坂
だと言われています。

まあ
がっかりと言うよりも
期待を膨らませ過ぎた ギャップ だと思います。

この 3 大がっかり観光地の他にも
がっかりする名称は多数あり
先日訪れた "夫婦岩" も
個人的にはがっかりでした。

画像や映像で見た イメージ のまま
巨大な岩が力強くそびえ立ってる・・・
と思いきや
思いのほか小さく
あれ?って言う感じでした。
やはり期待を膨らませ過ぎた私が悪かったですね・・・。

夫婦岩夫婦岩夫婦岩


かぎろひ

幻の特急とも言われている "かぎろひ" を
高安駅で目撃しました。
"かぎろひ" は特急車両の 12200 系を改造した車両で
クラブツーリズム が運行する専用列車です。

旅行会社が専用車両を導入して
通年で借り切るのは初めてで
車両名の "かぎろひ" は公募により決定しました。

近鉄は私鉄ながら
・しまかぜ
・楽
・あおぞら
など多彩な団体列車を運行しており
奥深さを感じます。

かぎろひB


きんてつ鉄道まつり2014 ( 2014 Kintetsu Railway Festival )

"きんてつ鉄道まつり" は
五位堂と高安の 2 会場で開催される イベント で
今回は高安会場へ出掛けました。

高安会場は
五位堂の半分くらいの大きさですが
五位堂には無い トラバーサー があり
車両が真横へ移動する様子は
やはり新鮮な物です。

高安車庫高安車庫高安車庫高安車庫高安車庫高安車庫


レイアウト

Bトレ の レイアウト は
今回で完成と言う事にしたいと思います。

前回浮いていた住宅二棟は
コンビニ へ置き換えました。

これで違和感が解消・・・されたと思います。

DSC_6994DSC_7003DSC_7008DSC_6992

レイアウト

線路を敷設して
建物を仮置きしてみました。

何と言うか
右端にある二棟が浮いてますね・・・。

P1050885P1050881

レイアウト

前回作った Bトレ が
予想以上に完成度が高かったので
ちょっと レイアウト を作ってみようと思います。

用意する物は・・・
お馴染みの木版や スチレンボード
画用紙などです。

P1050837P1050840P1050851

Bトレイン

まだ Bトレイン の "しまかぜ" が リリース されないので
近鉄特急の 12400 系と 12200 系を買ってみました。

リアル だとは聞いていましたが
値段を考えると確かに完璧です。
これだけ リアル だと
ジオラマ 化したくなりますね〜。

Nゲージ だと車両だけでも結構な支出になるので
なかなか踏み出せないですが
12400 系 2 両編成で 1200 円と リーズナブル なだけに
Nゲージ で 1 編成を組む費用で
簡単な ジオラマ が作れそうです♪

DSC00651

ロマンスカー

ロマンスカー は
白い車体の 50000 形と
青い車体の 60000 形の イメージ しか無かったんですが
7000 形や 30000 形など
様々な バリエーション がある事がわかりました。

流石に近鉄特急ほど バリエーション はありませんが
それでも系統で大きく異なる車体は
近鉄以上に見ていて楽しくなります。

今回 50000 形が見られなかった事が悔やまれます・・・。

DSC00353DSC00365DSC00361


松阪駅

松坂駅は三重県松坂市にある
近鉄/JR東海 の 2 社が乗り入れる共同使用駅で
駅舎は南北それぞれにあり
南:JR(画像上)
北:近鉄(画像下)
が管理しています。

JR/近鉄 間に中間改札は無く
自由に行き来出来る構造となっています。

駅舎だけで見ると
JR が メイン で本数も多そうですが
実は近鉄の方が倍以上の本数があります。

P1050890

P1050893


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ