金山駅は名古屋駅に次ぐ ターミナル 駅で
名鉄 / JR / 市営地下鉄 の 3 路線が乗入を行っています。

元々それぞれの駅は
近くにあったものの別々の駅として機能しており
それらを 1989 年の"世界デザイン博覧会"に合わせて行われた
一体整備により"金山総合駅"となりました。

また 2005 年の"愛・地球博"に合わせて
名鉄を中心に駅 ビル の増築が行われ
現在の形になりました。

金山駅