鈴木

隼を作る

カウル を取付けて
今回で完成と言う事にします。

いつもそうですけど
流石は タミヤ とあって
パーツ の合いは完璧ですね。

敢えて言うなら スクリーン 周りと
サイド の カウル に隙間が出来るんですけど
アップ した限りでは気にならない レベル ですね。

まあ画面を通して観ると
大抵は良くみえる物なんですけど・・・。

隼


隼隼隼


隼を作る

フロントフォーク を取付けるとバイク らしくなりました。
後は メーター や カウル を取付けると
いよいよ完成です。

次回辺りで メーター 周りを仕上げて
10 月中には ダイジェスト 動画を上げられそうです。

実車の隼は マイナーチェンジ するみたいですけど
どっちにしろ私には持て余す性能なので
模型で満足しておきます(笑)

DSC03963

隼を作る

タンク や カウル 類の塗装を仕上げました。

指定では ブラック や ブルー になっていますが
バイク なんて目立ってなんぼなので
ハチ みたいな カラー にしてみました。

一番手間の掛かる パーツ が仕上がったので
後は フォーク などの細々した物を組むだけです。

隼隼

ワゴンR

ワゴンR は
エブリィ などの ハイルーフ と
アルト などの セダン の中間 サイズ として
1993 年に登場し今回の新型で 6 代目になりました。

これまで 24 年の間に
軽自動車の規格が変わったり
派生車が追加されたりしましたが
現行型は ワゴンR/ワゴンRスティングレー の
2 車種となっています。

この クラス も プレオ や ライフ など
各社から出ていたんですが
登場当初のまま残っているのは
ワゴンR と ムーヴ だけです。

ワゴンRワゴンR


スズキ ランディ

ニッサン セレナ が新型になったのに合わせて
スズキ ランディー も新型になりました。
ランディー は ニッサン からの OEM で
内装も外装も大きな変更を加える事無く
そのまま販売されています。

ミニバン 市場も競争が激しく
1 から車両を開発しても利益が見込めない事から
ニッサン から供給を受けていますが
スズキ も アルト や ハスラー を
マツダ への供給を行っています。

しかし ランディー は
年間 1200 台の販売目標を掲げていますが
ダイハツ の アトラス や メビウス と同じように
販売店社員向けの様な気がしてなりません。

ランディ
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ