限定

マツダ

初代 ロードスター の塗装を復刻した
クラシックレッド で塗装された ND と RF が展示されていました。
単体では ソウルレッド と区別がつき難いのですが
実物は ソウルレッド より薄く朱色に近い印象で
見比べると違いが判ります。

しかし黒を基調とした マツダブース は
ソウルレッド を推していた時は車が映えたんですが
現在は マシーングレー を推していて
グレー に 黒の ブース は車が背景に溶けてしまい
どうしても ベタ っとした絵になってしまいます。

ブース を設計して施工するのに
数千万円とも言われているだけに
出来るだけ使い回したいと言うのも解りますけど
しかし推している色に合わせて欲しいですね〜。

RFND


シビック タイプR

ホンダ でも主流になりつつある
ダウンサイジングターボ と違い
出力 アップ を目的とした ターボエンジン は
ホンダ の ラインナップ のだけでなく
最近の国産車でも珍しい存在となってしまいました。

残念ながら今回の モデル も
限定車と言う取り扱いで
日本仕様の生産台数は 750 台となっており
既に予約が締め切られています。

先代の 3ドアハッチバック からすると
大きくなった様に感じますが
インテグラ が無くなった事を考えると
その分を補っている様に感じます。

P1030740P1030743



スペースシャトル発射台

塗装済み キット と言えば
取り敢えず塗装しただけの
なんちゃって キット が思い浮かぶのですが
トミーテック から リリース されている 技MIXシリーズ は
の画像を見れば
その本気度が伺えます。

しかしそんな 技MIXシリーズ の例外として
の "スペースシャトル発射台 LC-39A" が リリース されました。
パーツ は レジン/ホワイトメタル/エッチング などの
マルチマテリアル で構成され
それらは全て無塗装となっています。

まあ塗装する時点で
少し敷居が高くなってしまうのですが
それでも パーツ の加工精度が高く
塗装さえ気を遣えば制度の高い完成品になると思います。
しかし限定生産品で定価 8 万と言うのは
ちょっと手が出し難い キット ですね・・・。

Cap20681-39ae3digitamin_d5913

ランクル70系

東京 オートサロン に出展されていた
ランドクルーザー70 系が
限定で再販されるそうです。

70 系は国内では 1984〜2004 年まで
販売されされていた モデル で
海外では現在でも販売されています。
生産は トヨタ 車体が担当し
愛知県内の工場で生産されます。

現在販売されている モデル は
日本で販売が終了後に マイナーチェンジ が行われ
ヘッドライト が角型になるなど
近代的な デザイン となっています。

日本へ導入される物は
一部を日本仕様に変更されるものの
大きな デザイン の変更は無いそうです。

landcruiser_LC76V_van


エネループ

「pro」 「 lite」 「 plus」
など幅広いラインナップがあるエネループですが
その他にもカラフルな限定モデルも
いくつかリリースされてきました。

そして今回
「ディスニー110周年限定モデル」として
電池パックと電池+充電器の2種類の限定モデルがリリースされました。

まあ機器に入れてしまえば見えないのですが
「限定」という言葉に引かれると同時に
このデザインなら交換する時に"ポッ"っとなりますね(笑)

disney_img01
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ