2011

東京モーターショー 2011

「東京モーターショー2011」の動画を
一気に貼り付けました。
それぞれが2分弱の短い動画なので
上2本のダイジェスト版がお勧めです。

やはり国産車に対して輸入車は
モーターショーの花形ですね。
欧州車しか出展していない状況でも
前回より入場者数が増えた一因の一つと考えるのは
自然な流れだと思います。























東京モーターショー 2011

今回で画像は一通りアップ出来ました。
動画もYouTubeへ数本アップしているので
近いうちにまとめてこっちへもリンクを貼りたいと思います。

今回のメインは
やはり ザ・ビートル です。
モーターショーでは
導入するグレードなどが発表され
4月頃から予約が始まり
8月頃には販売が始まります。

搭載されるエンジンは1.2L TSI で
それに 7速DSG トランスミッションが組合わされます。
フォルクスワーゲンは全グレードに
高効率の小排気量エンジンとターボ/スーパーチャージャーを組合わせた
TSI エンジンを設定し
低燃費と高出力の両立を図っています。

DSC_0432DSC_0440DSC_0446DSC_0448DSC_0453DSC_0454DSC_0469DSC_0470DSC_0475

東京モーターショー 2011

今回の入場者数増の一翼を担ったのは
海外勢の出展だとも言われています。
しかし
GMやフォードなどの米国勢は出展しておらず
今一歩の所だったと思います。

レクサスブースに出展されていた
黄色の LFA (ニュルブルクリンク・パッケージ)は
世界限定500台の内の50台しかされない仕様で
固定式のウイングや571psを発生するヤマハ製V10/4.8Lエンジンなど
スーパーカーと言える部類に入っています。

アウディブースに展示されていたのは
ル・マンで総合優勝した R18TDI です。
DI とはディーゼルエンジンという意味で
長距離を走る耐久レースでは
低燃費という点で有利に働きます。
また TDI に対抗する為
トヨタがハイブリッドカーで参戦する事を表明しており
久し振りの日本の参戦に
今後の動向が気になる所です。

DSC_0388DSC_0390DSC_0391DSC_0399DSC_0411DSC_0412DSC_0415DSC_0417DSC_0425DSC_0428DSC_0430DSC_0439DSC_0429

東京モーターショー 2011

今回は第2回目です。

自動車メーカーのコンセプトカーや
市販間近の新型車の展示だけでなく
素材や部品メーカーの出典も多数あり
今後採用が増えるであろうカーボン素材のトップメーカー
東レのブースでは
オリジナル電気自動車の「TEEWAVE」が展示されていました。

プラットフォームはカーボンを使用し
外装パネルにはCFRPを用いることで
975Kgという車両重量を実現しています。
同サイズの電気自動車は平均1520Kgなので
大幅な軽量化を実現しています。

スバルブースでは
今回の一番の話題であるBRZへ
実際に乗り込むことも出来ました。
わずかな違いですが
個人的には86よりもこっちのデザインの方が好みです。
しかし誰でも買えるスポーツカーということで
低価格を打ち出していますが
展示車両はオプション満載だったと思います。
この車両は買うと300万円位するのではないでしょうか・・・。

DSC_0236DSC_0248DSC_0247DSC_0252DSC_0251DSC_0258DSC_0263DSC_0265DSC_0278DSC_0298DSC_0300DSC_0318DSC_0271DSC_0289

東京モーターショー 2011

今回の東京モーターショーの入場者数は
前回より20万人増の
84万2600人だったそうです。
平成3年の200万人から比べると
右肩下がりですが
今回で歯止めが掛かったとの憶測が流れています。

しかし前回は
リーマンショックの影響で
欧米メーカーが軒並み出展を取りやめ
国内メーカーが中心だったことを考えると
歯止めが掛かったと考えるのはどうかと思います。

さて
東京モーターショー関連の記事は
画像を中心に3〜4回アップしようと思います。
今回は
発売間近のアクアや
オールスカイアクティブのCX-5が主役です。

変わりだねでは
関東自動車工業の
ハイブリッドコンセプトFSや
日野自動車の
ダカールラリー2011年参戦車のレンジャーです。
FSはセンチュリーのコンセプトモデルだと思います。

DSC_0123DSC_0128DSC_0140DSC_0191DSC_0208DSC_0216DSC_0221DSC_0222DSC_0223DSC_0225DSC_0227DSC_0228DSC_0171DSC_0189DSC_0213

ヒット商品番付

今年も日経MJの
「ヒット商品番付」が発表されました。
どうやって番付を決めているのかは考えないようにして
やはり横綱は
「アップル」と「節電商品」でした。
この番付でアップルは常連ですが
節電商品が横綱に入ったのは世相を反映していますね。

また変わりだねでは
前頭に入っている「はちみつレモン」です。
思わず
は〜ちみつレモン♪
という懐かしいフレーズが出てきますが
サントリーが12年振りに発売した復刻版で
巷では再ブレークしているそうです。

ちなみに2010年の横綱は
東:スマートフォン
西:羽田空港
でした。
スマートフォントいうことは
今回のアップルやアンドロイドに共通する部分があり
連覇ということになりますね。

m_201120hits

きんてつ鉄道まつり 2011

それぞれの実演とダイジェスト版をアップしました。
以前買ったワイコンのお陰で
車両が切れずに撮影できました。

あくまでも車庫のイベントで
子供向けの展示もあり
子供も多数来ていましたが
40tクレーンやマルチプルタイダンパーの実演など
大人でも楽しめるイベントだと思います。

2日限定のイベントでしたが
昨今人気の「大人の工場見学」に通じる物を感じました。

DSC_0013DSC_0003DSC_00233







きんてつ鉄道まつり 2011

五位堂検修車庫で行われた
「きんてつ鉄道まつり2011」へ行って来ました。
このイベント
日程が合わなかったり雨だったりで
結局6〜7年越しの参加となりました。

今回のイベントの目玉と言えば
40tクレーンの実演です。
このクレーンは台車から車体を分離するのに使用され
10t以上ある車体を軽々と持上げます。

外では
マルチプルタイダンパーの実演も行われ
普段見る事の出来ない保線の様子も
解説付きで見ることが出来ました。
今回使用されたマルチプルタイダンパーは
オーストリア製だそうです。

実演の様子は
YouTubeへアップした後
こっちへも載せたいと思います。

DSC_0100DSC_0097DSC_0090DSC_0085DSC_0054DSC_0044DSC_0040DSC_0025DSC_0021

日本GP 2011

昨日の動画に続いて
今回は画像をアップしました。

いや〜ここまで寄れるなんて
28-300 のレンズを買って良かったです。
去年のと比べるとその差は歴然で
あとは連写用の高速カードがあれば完璧です!!

さてレースの方は
小林可夢違が繰上りで
自身最高の7番グリッドからのスタートとなり
優勝も狙える位置に付けています。
16時(地上波)からの放送が楽しみですね〜。

DSC_0001DSC_0002DSC_0005DSC_0030DSC_0041DSC_0038DSC_0039DSC_0043DSC_0034DSC_0145DSC_0091DSC_0087DSC_0180DSC_0178DSC_0157DSC_0129DSC_0123DSC_0096DSC_0095DSC_0089DSC_0085

日本GP 2011

去年に続いて
今年も日本GPのフリー走行を観に行って来ました。
何度行っても
耳をつんざくエンジン音は興奮しますね〜
テレビでは実際の半分も伝わって来ない!!

去年同様
指定席を買おうか悩んだ末
結局フリーのエリアから観戦する事にしました。
本当のファンに怒られるかも知れませんが
雨だと行きたくないので
怖くて指定席が買えません・・・。

今年の鈴鹿は路面状態が悪く
ベッテルやバリチェロがフリー走行で
クラッシュキ喫すなど初日から波乱が起こりました。
小林可夢違もセッティングが決まらず
苦戦を強いられていると聞きますが
それでも何とか入賞を果たして欲しい所です。


フォルクスワーゲン UP

フランクフルトショー2011で
フォルクスワーゲンのスモールカーUPの
市販仕様が発表されました。

全長が3540mmで
直列3気筒999ccのエンジンを搭載することから
Aセグメントに属します。
丁度ルポ/フォックスと同じ位置付けになります。
ルポは2006年に日本のラインナップから消え
欧州ではフォックスと言う名前で販売されていました。

今回発表されたのは全部で6種類で
その中でも気になるのは
やはりGTIを意識した GT UP です。
専用バンパーや17インチホイールなど
日本への導入を期待しています。

363488


FT-86

13日に開幕したフランクフロルトショーで
オレンジのFT-86が発表されました。

しかし特にデザインの変更は無く
3月のジュネーブショーで発表されたモデルと共通です。
各社東日本大震災の影響で
新車開発スケジュールの見直しを迫られている中
F-86の市販仕様は
12月の東京モーターショーで発表される予定となっています。

販売想定価格が200〜250万円の
小型FRスポーツなので
どこまでコンセプトモデルを反映出来るのか気になる所です。
姑息な手段として
全てをオプション扱いにする可能性も
無きにしろ有らず・・・。


2011 ル・マン

2011年のル・マンは
プジョーとの接戦を制し
アウディの総合優勝で幕を閉じました。
今年はマツダが総合優勝して20年目に当たる年で
「マツダ7B7」による記念のデモランも行われました。

マツダによる総合優勝は
日本車として誇らしいものですが
それ以降が続かないのが残念です。
トヨタが優勝候補と言われながらも2位だったのは
今でも非常に悔やまれます。
あのバーストが無ければ・・・。

所で今回のル・マンで
日産エンジンを搭載したチームが
LM2クラスでクラス優勝を果たしました。
F1への協賛など
最近の日産は元気ですね。

5




o08

2011 ル・マン

2011年のル・マンは
4月24日に公式テストが行われ
決勝は6月11・12日に行われます。

今年は
過去に9度の総合優勝を獲得しているアウディが
新型のアウディR18をエントリーし
10度目の総合優勝を狙います。
所でレーシングカーと言えば
エタノールやガソリンエンジンですが
実はアウディが投入するマシーンはディーゼルエンジンです。

先代モデルのR10が
5.5リッターV10のディーゼルエンジンターボを搭載したのが始まりで
その後継にあたるR18は
レギュレーションの変更に伴い
3.7リッターV6へ大幅な小型化が行われました。

F1のKERSは
短時間のレースで
追抜きなどの瞬間的なアシストが目的なのに対し
ル・マンは長時間のレースの為
いかに燃費を稼ぐかが順位を上げるポイントとなってきます。
その選択一つがディーゼルエンジンと言うことです。

704x396_audi_motorsport-101209-3626


SCION FR-S

サイオンとは
トヨタが米国で展開している若年者向けブランドで
日本で販売されている
bbやistがサイオンブランドで販売されています。

今回開幕したNYオートショーで
そのサイオンブランドからFR-Sというコンセプトカーが発表されました。
これは兼ねてから話題になっていたFT−86で
米国仕様にマッスルなデザインにモディファイされています。
搭載されるエンジンは
自然吸気の2リッター水平対向の予定で
トヨタ/サイオンモデルの他に
スバルが開発しているモデルもあるそうです。

今回発表されたモデルは
やはりマッスル過ぎるので
市販モデルに近いのは東京モーターショーで発表されたFT−86や
ジュネーブショーで発表されたFT−86
ではないでようか?

03-scion-fr-s-concept-ny


今年の漢字

12月に発表される「今年の漢字」は
その年の世相が色濃く反映されます。
漢字検定協会の問題など
一時開催が危ぶまれたものの
現在も時代を映す鏡なのは間違いありません。

08年はチェンジを訴えたオバマ大統領当選し「変」
09年は民主党政権が誕生し「新」
10年は記録的な猛暑み見舞われ「暑」

11年は何になるのでしょうか?
ちなみに阪神大震災に見舞われた95年は「震」で
中越地震に見舞われた04年は「災」でした。

キャプチャ

大阪オートメッセ2011

今回は「大阪オートメッセ2011」の画像をアップします。

「走り」を追求するチューンは外車が中心で
国産車は「VIPカー」が中心でした。
昨日も少し触れましたが
規模の縮小と共に
テーマの偏りも気になります。

「カスタマイズカー」も一言で言ってしまえば簡単ですが
その中にも数種類のジャンルがあるので
出来るだけ振り分けて欲しいと思います。
まあジャンルを分けると
出展企業が集まらない・・・
なんて現実があるのかも知れませんが・・・。

※使用機材:Nikon D5000

DSC_0014DSC_0018DSC_0029



DSC_0068DSC_0090DSC_0092


DSC_0102DSC_0113DSC_0119


DSC_0128

DSC_0144

大阪オートメッセ2011

今年も「大阪オートメッセ」へ行って来ました。
毎年出展企業の減少が心配されていますが
今年も大手は殆ど出展しておらず
素人が見ても規模が縮小しているように感じました。

個人的に車を持ち込んでカスタムをするならば
大手より中小のショップの方が
細かい要望に応えてくれますが
「ショー」として考えた場合
やはり現実よりも「華」が必要だと思います。

今年もトヨタは頑張って
一番大きなブースを構えていましたが
このままでは先細りになるのは確実だと感じました…。





訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ