400

ニンジャ400

カワサキ の新型 ニンジャ400/250 の デリバリー が始まりました。
新型は 400/250 が共通の車体となり
400 の方は従来型より 40Kg も軽量化されました。

従来型の 400 は北米向けの 650 と共通の車体だった事もあり
400 の SS にしては重かった反面
バーハンドル を採用するなど ツアラー 的要素が強く
直進安定性も良く ツーリング 向けだったと思います。

旧型と言うか従来型は 1 回乗った事があって
300Km くらい走ったんですけど
レビュー は山ほどあるので
それを参照してもらうとして
デザイン は従来型の方が好みでしたね〜。

ニンジャ400

Sixty2

ドゥカティ から
スクランブラ― の 399ccモデル が発表されました。
スクランブラ― は既に
803ccモデル が販売されていますが
デザインコンセプト は統一されています。

ドゥカティ も アジア 市場を意識して
小排気量 モデル の投入と思われがちですが
初代の スクランブラ― は 250cc だったし
400cc の モンスター は
2008 年まで販売されていました。

しかし当時よりも
アンダー400クラス の市場が拡大しているのも事実で
ドゥカティ も パイ を奪いたいと言う気持ちは理解できます。

983068


G310R

大型自動二輪枠しか無かったBMW から
排気量 313cc の G310 が発表されました。
既に ラインナップ されている S1000R を
小排気量化した感じで
ストリートファイター とも呼ばれています。

アジア 圏では排気量 400cc 以下の市場規模が大きく
それを狙っての投入と見られ
日本への導入は未定ながら
HP には詳しい仕様などが掲載されていたので
導入されるのは確実だと思います。

しかし日本でも
特に 250ccクラス の市場が熱くなっており
ブランドイメージ だけでは厳しい様に感じます。

g310r3


スーパーフォア

教習用の二輪です。
左から 125/400/750 です。
今回は普通二輪なので
真ん中の 400 の
スーパーフォア を使用します。

いや〜
跨ったこすら無いのもありますが
手でやる クラッチ の感覚がつかめず
発進出来なかったですね〜。

まあ時間の後半には
何とか発進できる様にったものの
もっと簡単な物だと思っていました・・・。

image (1)
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ