747-400

政府専用機

平成 31 年から運行を開始する
新型の政府専用機の デザイン が
発表されました。

新型の導入は
委託整備先の JAL が
747 を全機退役させた事に伴う物で
一部では老朽化とも言われていますが
実際にはまだまだ使える機体です。

新型は 777-300ER が ベース になっており
委託整備先も JAL から ANA に変更されるそうです。

sty1504280012-f1

航空科学博物館

航空科学博物館の目玉と言えば
ここ数年は 747-200 の頭部ではないでしょうか?

実際の 747-200 の機体を カット した展示で
壁板の内側はもちろん
実際に コクピット へ座って計器類を触ることが可能です。

747-200 とは 747-100 の性能向上型で
この次の 747-300 まで
機長/副操縦士/航空機関士 の 3 名乗務となっていました。
この 3 名乗務の機体は
俗に "クラシックジャンボ" とも呼ばれ
液晶 ディスプレイ が並ぶ現在の コクピット に対し
コクピット 中に計器が配置されており
まさに "人が飛ばす飛行機" でした。

P1050530P1050556P1050521


747-8インターコンチネンタル

5日に日本航空の747-400(国内線仕様)がラストフライトを迎えました。
全日空・日本航空は747を全廃し
燃費効率の良い777や787への切替を進めています。
その結果
日本航空に整備を委託していた政府専用機も
今後整備が困難になる為
数年以内に退役する予定となっています。

A380が登場するまで唯一のジャンボだった747ですが
先日747-8インターコンチネンタルの初号機が披露されました。
747-8F(貨物機)を先に開発することで
747-8インターコンチネンタル(旅客機)の開発期間が大幅に圧縮され
ローンチカスタマーであるルフトハンザ航空へは
10〜12月に納入される予定となっています。

座席は4〜500席クラスで
燃費は16%向上し排出ガスは16%低減
騒音も30%低減されています。
787でも採用されている
あの波打ったエンジンカウルが
騒音の低減効果をもたらしているそうです。

img_1





訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ