メルセデス : CLS
アウディ : S5/A7
BMW : 6 グランクーペ
ポルシェ : パナメーラ
  ・
  ・
  ・
現在欧州では 4ドアクーペ が ブーム となっており
プレミアム な位置付けとして
各社 ランナップ を揃えています。
この ブーム の先駆けは
メルセデス が2004年に発表した CLS で
Eクラス(W211) の派生車として誕生しました。

日本において 4ドアクーペ と言えば・・・
アテンザ くらいでしょうか?

しかし 4ドアクーペ の ジャンル のを開拓したのは
日本車であることはあまり知られていません。
当時日本では
カリーナED センティア カローラセレス/マリノ など
小型セダンから大型セダンまで
幅広く販売されていました。
センティア なんかは
現在欧州で販売されている4ドアクーペと比べても
十分勝負の出来るデザインだと思います。

K0000287675